学問・資格

般若心経論

 私の祖母の弟に当たる叔父さんは、強欲だが信心深い。長年、般若心経を研究されてきたそうだ。叔父様は、『無』と『空』は一緒だ、とのこと。確かに、般若心経で一番多く使われている文字は『無』である。しかし、私はこの言葉に違和感を覚えた。その事を聞いたのは、ヒンズー教の聖典、『バガバッドギーター』を読んでいた頃だと記憶している。なかなか面白かったが、全体像は掴めなかった。まあ、ヒンズーはどうでもいい。般若心経を漢文として読んでみたら、どう考えても、『空』の概念を説明するために『無』という言葉が使われているようにしか受けとめられないのだ。この、『空』の概念というのは、仏教上、結構重要で、一言では説明できない。だから、般若心経があるのだ。言い換えれば、『空』は無敵である。しかし、そうもいかないのが人間社会。いろんな人がいる。最近は、『因果応報』という言葉が恐ろしくなってきた。いい事であれ、悪いことであれ、必ず人は報いを受けるように出来ている。だからといって、念仏を唱えていれば救われるというものでも無い。行い次第なのだ。私は、es細胞やらips細胞ができたことに脅威を感じる。絶望もした。フィクションでは無いのだ。倫理がどうのこうのと言っても、一人のマッドサイエンティストによって破壊される。私のテツガクとして、人間は死を受け入れる為に生きているのでは無いのだろうか、という信念がある。コインの裏表の様に。その中で、人は弱いものだから、皆、何らかの信仰を持つ。私の唱える般若心経は信仰のようで信仰では無い。いつも、考えながら唱える。そこに救いは無い。現実が待っているだけだ。迷いながら唱えるお経というのも、それもいいではでは無いか。所詮、生きているものが冥界に口を出すのは烏滸がましいことだからである。許せないのはクソ坊主である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マニュアルタイプ・・・駄目だよ

 弟が朝一に、塩ラーメン玉子付きを頼む。「半熟ぐらいがいいんだけれどなあ」とぼやく。コチコチだったのだ。「お湯の温度もあるし、なかなか半熟にはならないぞ」と私が言う。それもそうだなとばかりに、ラーメンをすする。そこで弟が、英語で言うなら、「ボイルドエッグだよな」と言うので、私は、「それはゆで玉子のことだ」と反論。弟が黙ったので、『boil egg』だと、『玉子をゆでろ』という命令文のなっちまう。けれど。『boiled egg』だと、ゆで玉子という意味になるんだ、と解説。弟のラーメンにはそのどちらでも無い玉子が浮かぶ。そんな中で生じた疑問であった。弟の長男である甥っ子は、野球漬けであったが、半年間、黙々と勉強し、なんとか志望校に通った。半年も勉強が続くのかよ、と思った私は、母と、うちの血では無いな、と意見が合った。高校以降の教育を尋ねると、数学は今までの塾、英語はZ会という。望んで入った野球部はリトルリーグ以下。そこまで聞いて私の頭によぎったのは、塾講師をしてパチンコで五万負けたことを自慢している奴の顔だった。人が人を教えるとは、誠実でなければならない。甥っ子が騙されていないのかが心配なのだ。少なくとも私は、自分が勉強しているときにしか、教える仕事はしなかった。遊んでいる自分が人を教えるなど、考えもしなかった。それで私の入試向きの学力は落ちたが、真摯に生徒と向き合うことが出来た。大体、私がTAをやった時も、微積分の概念が解っていない連中が半数以上だった。この大学、ヤバいんじゃあねえか?とも思った。オートマよりはマニュアルの方がいい。しかし、マニュアルタイプに陥ってはいけない。難しい所である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ小保方氏のD論を早稲田は却下しなかったのか

 STAP細胞問題のおそらく最後のニュースともとれる記事を見付けた。何回も思うのだが、小保方氏は英文科にいった方が、まだ芽が出ていたのではないかと考える。STAP問題で後始末をつけるのに理研が要した金は8000万円強。対し、小保方氏が返還する額は数十万円。おかしな話だが、金の話はまだいい。この騒動が引き起こした問題の本質は、実は、大学の研究のあり方について、もの凄い一石を投じた面もあるのだ。大学生の書く論文ともなると、大層なものを想像されるだろう。しかしながら、それは学位論文(4年)か修士論文(6年)か博士論文(9年)かで価値が全く異なるのである。学位論文の場合、就職活動をしながら書く。だから、院に行く者と就職する者では、雲泥の差なのだ。就職組には楽な研究をさせる傾向がある。研究の定義にも依るが、就職組の論文には、まず価値が無い。例えば数学科などは、4年で論文を書くのは不可能だからと、修士からしか論文を書かせてはもらえないのだ。このシステムを悪用する輩がいるのだから厄介である。そんなのはどうでもいい。修士以降の、いわば大学院に入ってからの論文には、創造性が求められるのが当然だ。しかし、いざ論文を書くとなるとネタ探しに頭を悩ます(私は院を中退したが、院の時には学位論文の検証を行うつもりであった。学位論文で学会の定説を否定し、新しいモデルを提案したからだ)。ゆえに、修士論文でも曖昧なままに終わるケースもあるのだ。ひどい場合では、博士論文でも後輩の論文を自分の手柄にする輩や、適当に済ませてしまう場合もある。私達は、そういうバカなドクター(博士)のことを、隠語でバカドクと呼んでいた。バカドクでも研究室に残りたい奴もいるが、大概は教授から首を切られ、秋にリクルートスーツを着ることになっていた。理系の研究室の場合、このバカドク問題が相当やっかいな問題でもある・・・ここで、小保方氏の問題を検証してみると、理研を追われるのは当然な処置であるが、ハーバード留学以前の早稲田大学のドクター論文についても疑念の声が上がった。有志の教授達が、博士号を撤回しようとしたが、潰された。私には理由がすぐに解った。つまり、小保方氏の博士論文を否定してしまうと、その他、大勢のバカドクをはじめとした理系の卒業生の論文を否定することになるからだ。基本的に就職が決まったら、論文は花を持たせる意味で『A』をつける大学も多い。学位論文の場合、最悪、先輩の論文を写す奴もいる。それで単位が来て平気な顔をしているのだからおめでたい。私は、そういうやつらの卒業を認める大学に憤りを感じた事を忘れてはいない。そういうことを許した指導教官にも、未だ納得がいかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気圧配置の変化

 昔から夏は南高北低、冬は西高東低という気圧配置が基本であったのに、今年の冬の気圧配置は、その傾向からかけ離れている気がしてならない。数年前から、冬の北海道に台風並みの爆弾低気圧なるものが観られる様になったが、今年は日本列島に一辺に三つぐらいの低気圧が近づいて来る状態が続いている。南岸低気圧などという太平洋側を進んでくる、訳の解らない低気圧まで出てきた。昔は冬といえば、日本海側は雪、太平洋側は乾燥した晴天が続くものだったが、特に今年は、雨の降っている日が多すぎるのではないだろうか・・・近年の異常気象は温暖化だの北極海の影響だのと言われているが、確たる原因は未だ解ってはいない。温暖化一つとっても、二酸化炭素の排出量も関係はあるのだろうが、太陽の動きが活発になっているからではないのか、とも考えられる。おそらく、様々なファクターが複合的に絡み合った結果として、現状があるのであろう。私が地理を勉強していた頃に比べると、その当時のセオリーはもはや通用しない。急激な気候の変化は、容易に天変地異を予感させる・・・結局の所、自然界の何らかのサイクルに異変が生じたのであろう。できれば一過性のものだと願いたいが、楽観視はできない。人間とは、最終的には自然に従うことしかできないのだ。コントロールしようという願望自体が烏滸がましいことなのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甥っ子の高校入試の日

 弟の長男が、今日から二日間、高校入試を受ける。既に私立は一校合格しているが、公立は今日と明日の結果次第で決まる。ここ半年ぐらいは、勉強漬けで、偏差値も伸びたらしいが、内申点が2点足りない学校を受けるらしいので、それなりにカバーできる点数を叩き出さなければならない。しかし、弟が、「あいつ、本番に弱いんだよなあ」と言っていたのが少し気になる。倍率1.5倍で落ちたら、勝負弱すぎるのだ。しかも、優秀な生徒はみんな中学受験で抜けている。まあ、試験の結果というものは、努力した分だけ、後からついてくる。試験での自信というものは、努力に裏打ちされていなければ湧いてこない。甥っ子は自発的に塾の自習室に籠もって、勉強し続けたという。ならば、自信を持って試験に臨めばいいだけだ。はっきり言って、予め学校側で調整をしている高校入試など、試験のうちに入らない。仮に合格したとしても、三年後には再び受験が待っている。浮かれている暇はない。中学までは義務教育だが、高校からはそうではなくなる。それならば、なぜ高校に行くのか?ということを考えなければいけない。みんなが行くから行く、では答にならない。大学だってそうだ・・・何はともあれ、今日は父の墓参りに行く。手を合わせて、甥っ子のことを祈るつもりだ。とりあえず、今から仏壇で手を合わせようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールドカードをゲット

 ついに人生で二度目のゴールド運転免許証をゲットした。まずは、古い免許証の処分であるが、暗証番号形式になってから最初のものなので、分解してみようと安易に考えていたが、単に細かくハサミを入れるだけにとどまるだけで、とてもじゃないが分解なんて出来ない。だから安心なのだが、ハサミを入れた際、微妙に堅い部分がある事だけは判った。次にしてみたくなったのは、当然、運転である。ただドライブに行くだけでは勿体ないので、母の買い物の足になることにした。片道一時間の巨大スーパーへの買い物である。いつもと時間帯が異なるせいかどうかは判らないが混雑していた。運転していて感じるのは、昔に比べて、危険予測と目視を細かくするようになった事だ。私はサイドミラーはほとんど見ないで運転する。その代わり、車線変更や右左折の時には、必ず目視する癖をつけた。サイドミラーは車庫入れや縦列駐車の時位しか使わない。とにかく運転に余裕が出来た。すると、判断にも余裕が出来て、必然的に決断(私は運転で一番肝心な事だと思っている)の間違いが激減する。若い頃より劣っているのは、視力と動体視力と体力と反射神経などだろう・・・私の免許の色の話はともかく、自動車メーカー数社が次世代型自動車の特許を開放したニュースは、ドライバーとしては面白いニュースだった。インフラのイニシアティブを取った車が次世代車との判断からだろうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

免許更新  その2

 教材を渡され、講義が始まった。この五年間で法改正された項目のうち、際だって変わった、自転車の通行区分についてが主たる内容。最初に、自転車は路側帯を左側通行しなければならない、という説明を受けた時に私の右手が挙がり、質問。「路側帯が片側にしかない場合はどうなるのでしょうか?」と聞いた。まさにそういう道を走って来たからである。教官は、「後で説明します」と返答。自転車の項目についての講義が続き、途中で、路側帯が片側にしかない場合は、左側通行が優先で自転車は車道を走らなければならないとの説明。以前から思っていたが、狭い道が多い中、自転車が車道を走ると、運転しづらくて仕方がなかった。続いて、Uターン禁止でなければ、右折信号でUターンしてもよくなったことや、ロータリー式の交差点ではロータリー内の車が優先で、ロータリー内は全て左側通行であることが説明され、講義は終了。その後十五分間、交差点での注意点や危険予測についての映像を観て、講義終了。免許は即日交付ではなかったので、再び取りに来るのが面倒だった私は、千円払って郵送を選択。郵送した方が早く手元に届くということもあった。古い免許は隅がカットされ、新しい免許証が来たら自分で破棄する事を知った。ICチップなどがどうなっているか分解するつもりである。その後、帰宅し、もらった教材に眼を通すと、飲酒及び酒気帯び運転の罰則が強化されていることが印象的だった。酒気帯び運転でも一発で免取りになってしまう。要するに、二日酔いに相当注意しなければならないという事だ。お酒が好きな私としては、厳しい世の中になったことを痛感。まあ、飲酒運転などしないが。晴れてゴールドカードになった事だし、今後も一層、安全運転に努めたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

免許更新  その1

 六年と三ヶ月前に、近所の本屋で接触事故を起こしてから、ずっと無事故無違反で過ごしてきた。若い頃みたいに、スピードに狂ったりとか、傍若無人な運転をしなくなった。むしろ、譲り合う運転に変わった。車を頻繁に運転しなくなった、というのも大きい。これは原油価格の上昇に伴う、ガソリン高で、趣味の中からドライヴを消したからだ。それで、晴れて、生涯二度目のゴールドライセンスの条件を満たし、近所の警察署で手続きをすることとなった。証明写真を撮るのが面倒だったので、電話してみると、署内で撮ってくれるという。しかし、近くの警察署で安くやってくれるのはいいのだが、どうしても警察署に赴くというのは苦手だ。悪いことなどしていなくても窮屈なのが嫌だ。また、視力検査の際、メガネが合うのかも懸念していた。しかし、まあ、講習も30分で終わるのだから、と出かけた。署内に車を駐め、寒い朝だったので、ジャンパーを着て手続きをした。最初のおばちゃんは、典型的なイライラ公務員で、質問すると皮肉が返ってくる様子だった。『この人、幸せじゃあないんだな』と思いながら、次の窓口へ、そこの人は親切な方だった。用紙に印紙を貼り、写真代を払い、その後のことを、細かく説明してくれた。指示に従い、写真を撮るべく係の方に誘導された。署の裏の、小さな空き部屋である。アドバイスに従い、写真を撮ってもらった。その後、視力検査。いつものメガネで、多少ぼやけていたものの、一発クリア。そして、講習へと向かった。と言っても、ちゃちなものだが、教官がいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーバックス・・・懐かしいなあ

 友達が講談社のブルーバックスについてFBで触れていたので、懐かしくなり、今日はそれについて書いてみたい。私は主として物理学と数学について、何冊か手にとって読んだことがある。買ったものもあるが、学校の図書館で借りて読んだりもした。中学三年の時と高校一年の時に夢中になって読んでいた。物理学は主に次元論や相対論について、数学は無限大の概念が知りたくて読んだ記憶。多分もっと読んだのだろうが、今でも覚えているのはそれくらいである。その時に読んで感動した内容は、後々の自分の思想を育む礎として、大変役に立った。高校二年からは理系に属したので、数学では、無限大の概念から、微積分の概念へと、すんなりと入れた。微積分の概念というのは、その後の人生に於いて、ある物事を考える上で欠かせないものとなってゆく。私はひねくれ者なので、理系ばかりだと嫌気が差すので、高校二年以降は、歴史物や純文学、批評など、文系の本をよく読んだ(これらはブルーバックスではないが)。その後大学に入り、一般教養で天文学の授業を取ったら、教科書のレベルが低く、がっかりした覚えがある。しかも、その授業、大学生に夏休みの宿題などというふざけたものを出してきた。もちろん、夏休みが終わってから取りかかるのだが、一つ目は、『理科系の作文技術』という本を読むこととあったが、当然読まない。二つ目は、何でもいいから天文学の本を読み、レポート用紙一枚にまとめること(ブルーバックスなどは難しいので、なるべく易しい本を選びなさい)と来た。私は、何でブルーバックスが難しいのだろう?と疑念を抱いたが、何分、時間が無かったので、なるべく易しい本と書いてあるのを好都合に、小学校一年の時に親が買ってくれた、『惑星を観よう』という、八割方が写真という本を選択した。出席したのは半分ぐらいで、レポートも半分ぐらいしか出さなかったが、試験は易しかった。全出席、レポート全提出の友人二人に単位が来ない中、不思議と私には、Bの単位が来た。今でも謎である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何で神奈川には、旧帝大がないんだ

 浪人の時、東大の授業にモグッた。ギスギスし過ぎていて、嫌気が差した。本当に嫌だった。それで他の大学を受けた。現在付き合っている友達でも、大学の中では、ピンのピンばかりである。東大にだけは行くなと親から言われた友人も多数知る。だから、東大生の少なくとも三割は間違って合格しちゃった奴等だと解る。あんな試験は楽勝なのだ。ただ、彼等は、自分の事を『神童』だと思っているのが多いのが厄介だ。多分、全国から集まっているのだろうが、私に言わせるとバカが多すぎる。多くは教育ママにしこまれ、挫折もなしにいったのであろう。確かに、中には本当に優秀ないる輩もいる。しかし、ガリ勉しても主席をとれなかった某都知事などはお話にならない。人生には、もっと、もっと、多くの楽しみと苦しみがある。国Ⅰを受けるために、大学生になっても塾に通うバカがいると聞く。大体、あの合格発表での胴上げは何なのだ。うちの大学では、入学式に親が同伴することを禁じていた・・・私は言う。下から見ろと。みんながみんな塾講師をやっているときに、私は肉体労働から始めた。税金も払った。税金を取られて喜んだのは、私だけであろう。成人式なんかより、はるかに大人になった気がした。大人になる道は多種多様であるが、苦しい道を選ぶべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧