ニュース

私達はどうあるべきなのだろうか?  その1

 朝日新聞社長引責辞任とのニュースをネットで見てしまったが故に、また、朝日か、今度は何だ?と、調べ物をしているうちに、三時間ぐらいが経過していた。ジャーナリズムや政治思想、ひいては、個人の在り方、及び国の在り方ということを考え込んでしまった。これは、私が夜型にしたのでは無く、二時間弱しか眠れなかったのがきっかけである。この国の政治を見捨てていた私は、政治的関心と共にニュースも新聞ではなく、ネットでチェックしていた。新聞もニュースもデタラメだらけであることが解っていたからである。何故、ネットかというと、気になるニュースがあった時にいろんな角度から情報を仕入れやすいからである。四年ぐらい前、朝日の夕刊の『素粒子』のコーナーの揶揄の仕方や、デタラメな記事及び応対(イラク戦争の時に、天声人語と国際面が同じ記事を同じ新聞で正反対の見地から書いていることに腹が立ち、朝日にクレームの電話を入れたら、受付の女性社員は、私が、「あの、今日の」とまで言った瞬間、電話をクレーム係に回し、男が出てきた。私が矛盾点を指摘すると、その男は黙り続けたので、嫌気が差し、電話を切った)の非道さに腹が立ち、日経にすぐに変えた。そもそも、私の家が朝日新聞を取り始めたのは、中・高時代に国語の教師陣が、天声人語の漢字が受験によく出るからと、夏休みの宿題にし、夏休み明けには全校統一漢字テストというものを行う風習があったからなのだ。高校になると社説まで加えられた。確かに漢字には強くなるのだが、思想的な意味では、考え物だと思われる。実際に、高校にもなると、朝日新聞の記者になりたいと言う奴もいたし、テレビ朝日の『ニュースステーション』が一世を風靡した時代でもあった。『ニュースステーション』の久米宏が、初めてニュースキャスターとしてニュースにコメントを入れ出したことは画期的であり、TVニュースの報道の在り方を変えた革命的な番組で、当時は視聴率が25%近くあった人気番組だった・・・それと今回の朝日新聞の社長辞任問題はどこにあるのだろうか?単なるコマーシャリズム(商業主義)だけの問題だけでは無いのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原爆責任

 広島原爆を投下した飛行機の名称である、エノラ・ゲイの最後の飛行士が九十数歳で亡くなったと聞いた。某メディアによると、原爆投下について聞かれると、皆が口を揃えて、「(当時の大統領である)トルーマンに聞け」と、話を渋ったそうである。自分達は、指示に従っただけなのだと・・・アインシュタインの特殊相対論で、質量というものがものすごいエネルギー体であることが導かれた。有名な、E=MC2乗という式は、それ程に恐ろしいものである。質量が光速の2乗と組み合わさって、エネルギーとしてのポテンシャルを持っているということなのだ。第二次世界大戦の時に、ドイツ人が核分裂を発見してから、アインシュタインはアメリカ政府の書類にサインをした。この事は一生涯、悔いても悔い切れぬものとなった。戦後にプリンストンの研究所を訪問した湯川秀樹に、涙ながらに謝ったそうである・・・現代の量子力学には行き詰まり感を否めないが、当時は旬であった。核分裂を起こす物質も、ウランとプルトニウムの二種類。それぞれ、大きさから、リトルボーイ(広島原爆)とファットマン(長崎原爆)と名付けられたが、シャレにならぬ新型爆弾であった。原爆を作った奴等は、とうに死んでいる。ロスアラモスのグラウンド・ゼロで、物理学者達は、一時的な達成感の後に、恐ろしい思いをしたであろう。作った奴等が悪いのか、命令した奴が悪いのか、スイッチを押した奴が悪いのかは、解らぬ。しかし、歴史の生き証人がまた一人消えたという現実だけが彷徨う。なんとも後味の悪い話である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研究者としての在り方

 私は、個人的には、小保方氏をこれ以上、個人攻撃するやり方には反対である。しかしながら、Dr.論文についての早稲田の方針が面白かったので、書いてみたい。まず、数カ所の引用が明らかになったにもかかわらず、早稲田大学が博士号を認めると発表した。おかしな話であると、誰もが思ったはずだ。これは何故なのか?答えは簡単である。同じようにして、すり抜けている社会人が多いからだ。本当に優秀なドクターなど一割もいない。私の通っていた大学の場合でも、博士論文どころか、四年で認められる、いわゆる学位論文でも、二割ぐらいの奴が先輩の論文を写していた。就職優先(学校と企業の契約みたいなもの)だから、先生も解っていてハンコを押していた。学位論文の場合、中身が無くても、大概、『A』が与えられる。また、例えば、『数学科』などは、教えるだけで手一杯のせいか、学位論文など無い。修士論文から始まるのだ。これを悪用する輩も大勢いた・・・この『論文の抜け穴』ばかりを利用して卒業してゆく学生も多いのだ。小保方氏の場合、はっきり言って、英語のスキルは高いのだろうが、これらの『抜け道』ばかりを利用している。ましてや、D論ともなると、科学者として許されざる行為なのだ。パクリが解っていて、博士号を与えるなど考えられぬ。その上で、早稲田の有志の教授連中が、小保方氏の博士号に対して、異を唱えるのは当然である。確かに、論文を書く作業とは、孤独で空しい。そんなことも解らずに、下村博文文科省は、彼女の研究について「意味がある」と、訳の解らないことをコメントしている。要するに、『理科研にカネを出す』とも受け取れる。少なくとも、彼女は、リーダーなのだ。理科研といえば本来、エリートの集まる場所であった。少なくとも、戦前では。ごまかしだらけの奴がごまかしだらけになって、あくせくする姿は、いまや、迷惑である。自分の生活の権利などを訴えずに、潔く辞表を出したまえ。君以外にも、たとえ認められなきことを覚悟して研究している方達が一杯いるのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珍しく、いろんなネタがあったなあ

・友人がフェイスブック経由のメールで、『責任を取って辞任』という表現はおかしいと主張。これに対し、『辞任するのは私が無責任だったからです』なら、意味が通るとコメント欄に書く。

・北朝鮮がミサイルと認識している物を、『発射物』と書いてから、「ミサイルか?」と書く記事。

・ドクター中松(86)童貞説(『二十歳の頃』・立花ゼミ著の中で、氏は現役東大生相手に頭のいいことを強調。氏「人間の脳は三十くらいで成熟する。二十歳の頃というのは脳が未熟だから、そういう事をしてはいけない」:東大生「じゃあ、先輩はそういう事をしなかった!?」:氏「つまりねえ、半熟卵がスクランブルエッグになってしまうということだ」:ここを読んだ私の友人「半熟卵からスクランブルエッグは作れないんですけれど・・・ツッコミがあめえよ、東大生!!」)を裏付けるかの様な、前立腺導入管(?)の末期がんによる、医師からの余命宣告。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JR北海道について

 以前、友人から聞いた話で、国鉄時代には、馬鹿みたいな値上げが続いたが、社会党の基盤である組合が、ものすごい力を持っていたそうだ。中曽根と後藤田が民営化して、社会党ごとぶっ潰したんだろ、という話になった。他は民営化が進むにつれて、強力な組合を潰しまくったそうだが、JR北海道だけが、潰し損なったそうだ。だから、JR北海道だけが不祥事を重ねている様な報道ばかりが流される。真面目に働いている人間としては、納得がゆかない。裏事情も言えない。だいたい、線路の整備ミスなどで事故は起こっているではないか。JRでも、北海道の社長のみが不幸な結末を送っているではないか。客あっての旅客会社である。権利を主張する前に、義務を果たせ・・・私が学校に通っていた頃、国鉄の定期代は私鉄の三倍掛かった。毎年毎年値上げである。こんなに馬鹿馬鹿しいこともないと思った。要するに異常に高かったのである。そのカネがどこに使われたかは判らないが、ボッタクリ状態であった。国鉄という漢字は、国が金を失う、とも読める。政府としては、一刻も早く捨ててしまいたい漢字だったそうだ。バス停で並んでいると、前の男の人に、国鉄存続の署名を依頼しているおばちゃんがいたが、その人は、「私は民営化賛成なので」と言って断っていた。それぐらい昔の国鉄の値上げはひどかったのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗濯機のリコール情報

 私がblogをチェックしたり、書く前には、必ずGoogleのニュース欄をチェックすることにしている。一番情報が早いからだ。2月4日(火)のニュースで2005年以降に作られた、東芝及びシャープの洗濯機兼乾燥機のリコールの情報に気が付いた。母に知らせ、翌日には取説と保証書を用意して、電話することを促した。電話番号がフリーダイヤルで載っていたので、早速メモ。書類を用意した母は、電話した。いつ買ったのかとか、どこで買ったのかとかを電話越しに聞かれたが、予め書類を用意していたので、次の日に業者さんが来てくれる様になった。所要時間は約40分ぐらい。パナのチラシ作戦に対して、随分無愛想だとも思った。パナは石油ファンヒーターの件で、全国中にチラシを配り、TVのCMでも注意を呼びかけていた。「あの責任の取り方は見事だった」とパナの友人に語ると、「どんだけ金が掛かったか解っていない」と言うので、私は、「人間の信用なんて金で買えるものじゃあない。でも、行動に関しては誰もが評価する。パナは顧客の信頼を勝ち取ったじゃあないか」と話した。そして、家は東芝だったのだが、リコールが成立した瞬間に、「親戚全員に教えてあげた方がいいぞ」と母に言い、電話を掛けまくった。知っていたのは母の弟に当たる叔父さんで、それでも喜んでくれた。他の親族は知らなかった。すると、リコールに当てはまる例が、他の親族から来た。電話番号は地方で異なると思ったので、情報だけを速攻で伝えた。母が、いいよ、と言う中、無理矢理に促した。そういう情報を聞いて、喜ぶ人はいても、怒る人などいないからである。全て終わった後に、「お中元をタダで贈る様なものだ」と私は母に語った。しかも、情報収集まで出来る。姑息な気持ちではなく、気持ちを送っているのだ・・・もし、このblogを読んでいる方で、上のリコール情報を知らない方は、サーチエンジンなどでキーワードを入れて、即刻、リコール先の電話番号などを調べて頂きたい。当てはまる場合、品物の型番といつどこで買ったかは、東芝の方では聞いてきた。落ち着いて行動されたるがよし、である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

将棋棋士・谷川浩司永世名人の去就について

 父の死後、将棋を指す相手もいなくなったので、五年近く将棋界の話題から遠ざかっていた。一昨日の日経の夕刊で、谷川九段が連続32期在位していたA級の座から陥落したことを知り、残念極まりない。連続32期というのは史上二位の記録で、一位はあの巨人、大山康晴十五世永世名人である。氏は、がんで亡くなった時にも、A級を張っていた。過去の永世名人で、実力制名人戦になってから、A級から陥落した永世名人(通算で名人位に五期在位すれば成立)で、翌年B1でも指したのは、中原誠しかいない。しかし、負けが込み、フリークラス(順位戦を戦わないプロ棋士)となって引退した・・・果たして谷川はいかなる道を選ぶのであろうか。その去就が注目されるが、結論が出されるのは、将棋界の一番長い日(A級順位戦最終局の日)が終わってからだろう。谷川九段は過去四人しか出ていない中学生プロの一人であった。最初は誰だったか忘れてしまったが、他は羽生三冠、渡辺二冠とそうそうたるメンバーである。久々にネットで順位戦を確認したが、随分、勢力図が変わっていた。ここ数年は羽生十九世永世名人と森内十八世永世名人との激突に渡辺二冠が絡むといった展開である。近年のA級順位戦では、谷川九段は名人に挑戦するという立場というよりも、残留争いに苦しんでいた気がする。中学生でプロになり、順位戦の巨大ピラミッドをトントン拍子で駆け上がり、わずか21歳で名人位に就いた史上最年少記録は、谷川九段の持つ記録として、まず破る者は現れないだろう。それぐらい、順位戦の上の方のメンツが強い。また、本人は否定するだろうが、昨年、米長邦雄永世棋聖が亡くなった後に将棋連盟の理事長職を任された事も現役棋士としては負担になったのではないだろうか。陥落が決まった一局の感想戦が終わった後、谷川九段は将棋盤を見つめていたと知った。その胸中、計り知れないものがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気持ちの錯綜

・昨日は喜んでいいのか、泣いていいのか、解らない一日だった。長く書くつもりは無い。喜びは、イチロー選手の4000本安打達成についてだ。そこまでの道のりと、我慢、絶え間ない努力に天賦の才能が輝いた瞬間だ。嬉しかった・・・が、ひとたびGoogleのニュースを開くと、藤圭子の訃報を知った。言葉を失った。ずっと憂鬱な気持ちで今まで過ごしている。自分の親父をがんで亡くした時のことを思い出していた。私は、三年間立ち上がれなかった。ひたすら、耐えてきた。人生観も変わった。三年経って、心のもやもやが消えた・・・きっとそうなる時が来る・・・合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日航機墜落より

・あれは中学一年の時だった。御巣鷹山に日航機が墜落した事件。母校の方針で、八月一杯、中学生は朝日の『天声人語』に出てくる漢字を、高校生には+αで社説の漢字も全校生徒一斉に、九月の頭に統一漢字テスト、というものを受けさせられるのであった。そして、国語の先生が、ここぞとばかりに、「お前ら、70点未満だったら、親を呼ぶぞ」と脅すのである。新聞を朝日に限定するのはどうかとも思ったが、私が中一の時は、70点ピッタリで、何とかなった。そんな中で、日航機墜落の記事を何度も何度も呼んだり、TVで観たりしていた。最終的に、原因は圧力隔壁の金属疲労が原因ということになったが、その勢いで垂直尾翼もやられ、操縦不能になったとの結論が生還客からの情報で、確認された。圧力隔壁が破損した瞬間に、機内は白くなったという。これは明らかに、気圧が急激に変化した証拠だ。みなさんも車などを運転していて、一度は経験あるだろう・・・私は大学で機械工学科から材料の研究室を選んだ。ここまでは親父の背中を追いかけていたような人生だったが、親父は非破壊検査、私は腐食疲労の研究をした。疲労が起こる原因は、細かいき裂が徐々に進行していって、材料を破壊するというものである。き裂の中に液体が入ると、疲労寿命は極端に落ちるのである。それが、私の卒論のメインテーマだった・・・9.11でショックを受けた方も多かったろうが、墜落した日航機は街にでは無く、山に落ちたから、とんでもない悲劇にならずに済んだのも事実である・・・友人の一人は何も語らなかったが、その事を見抜いていた。私には、解ってくれ、という感じで、パソコンのフライトゲームで、飛行機を街に向けていた・・・無言のメッセージをくれていたのだ。9.11の遙かに前の事である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『のど自慢』での逆ギレ事件・・・ついに現れたか

・一昨日の朝一番に、ネットのニュースを観てみると、トップに、NHKの『のど自慢』で予選落ちした70歳の老人がブチ切れて、「会場を爆破する」という内容の脅迫電話を掛けたということで、威力業務妨害の罪で逮捕されたそうだ。この御老人、31日(つまり今日)放送の『のど自慢』への犯行予告であったらしい。私がこの報道を読んで、最初に思ったのは、もの凄い逆ギレの仕方で、久々に、やっさんを思い出したと同時に、どうせなら、以前、私が書いたように、『のど自慢』の本番中に、「何であいつが鐘3つなのに、俺が2つなんだよ!!おい、秋山!!」とブチ切れる奴が現れて欲しかったのだが、この逮捕された御老人は、それ以前の段階で(予選落ち)逆ギレしているのはマヌケだけれど、ついに、こういう出場希望者が現れたか、と爆笑が止まらなかった。それにしても、そのご老体、よっぽど自分の歌に自信があったのであろうか・・・私が『のど自慢』を観ていると、出てくる中年以上のおっさん達の顔が、半分ぐらい、ほのかに赤いと感じるのだが、家のTVが故障しているのか、私の眼の錯覚なのかが解らない。もし、私の眼が正しいならば、多分、緊張をほぐす為に、直前に一杯ひっかけているのではないかと、疑念を誘う・・・今回の事件で、『のど自慢』の視聴率は上がるであろうし、ブチ切れたご老人は、NHKの為になることをしたのだから、NHK側としては、密かに、『シメシメ』と思っているのでは無かろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)