« 映画『アスファルト』の雑感 | トップページ

アレの出し方で悩む

 以前、大江健三郎氏の『私という小説家の作り方』という本を読んでいた時に、一番重要なことが最後に書かれていた。それは、筆が進まぬ時、アレを待つのです、とだけ書かれていた。この時点で、アレの意味が解らぬ方は、気の毒だがそっち方面には向いていない…人は無我夢中になるとどうなるかということと大きく関係ある。一言で書くと、神が降臨するのだ。例えば、試験や物を書くときに、それまで観えなかった物事の全体像が瞬時に捉えられ、あたかも脳の中に広がる絵画を猛スピードで手で書くなり打つなりしても追いつかない、という様な一種の知的陶酔状態を意味している。こうなると、無敵である…問題は、どうやってそのような状態に持っていくか、ということになる。私は若いころ、十二時間寝る人間だったが、起きている間は、例えばエンジンに例えるなら、レッドゾーンで勝負していた。そのころは、気合で生きていた。四十を超えた現在、アクセルを踏み続けてレッドゾーンにまで持っていくことは滅多になくなったが、その代わりアンテナは高く張っている。自分なりに今まで生きてきて、アレを持ってくる条件をいろいろと考えてみたが、やはり、感受性が一番最初に来る。自分の中の知的好奇心をくすぐられた時に、私は自然と創造活動に取り組む。これだと、刺激がある時にしかアレが来ない事になる。それでは駄目なのだ。今迄、実体験に基づいてアレがやってくる必要条件を考察していたが、いくつかの因子があると考える。以下全てに伴う極端までの緊張感の下、集中し、危機感を持ち、もったいなさを捨て、自分を自分なりの方法で限界まで追い込まねば、アレは来ない。アレと神の降臨は似ているようで異なるのは、タイミングの問題としか思えない。アレは自発的であり、神の方は受動的である。神の方は意図的に起こすことはできないが、共通しているのは、普段からの心がけである。努力である…悩むべきは、アレが生じるはずの自分なりの方法が変化する時である。常に意識どころか無意識の片隅にでも置いておかないと取り残されるだけである。

|

« 映画『アスファルト』の雑感 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/64661388

この記事へのトラックバック一覧です: アレの出し方で悩む:

« 映画『アスファルト』の雑感 | トップページ