« 3000話目のひと区切り | トップページ | Love is over »

Positive & Spiritual

・堕落活動が終わった今、私は、Positive(前向き)&Spirituual(情熱的)のテーマの基、Challenge anything (とにかくやってみなはれ(覚悟と決断力に基づいた挑戦))をモットーとして過ごしている。
・動物は言葉を持つのか?持っていたとしたら、神は存在するのか?宗教とは何か?人間とは『神』無しに存在しうるか?何故カラマーゾフは未完に終わったのか?
・ゴルフの打ちっぱなし場がリニューアルされて、ボールがやけに飛ぶと感じた私、聞いてみると逆だとか…言われた言葉は、「当たりがよくなったんじゃあないですか?」
・金、地位、名誉に拘らない『志』を探している私、あらゆることに興味をもって生きている。
・ごく最近刺激を受けたもの。NHKのサリドマイドのドキュメント、亡霊、貧しさで解った生活感、料理の基本の根拠(何故中華料理にはオリーブオイルではなくごま油が多く使われるのかなど)、20年ぶりのジャンピングダッシュができたこと…
・最近の女性のタイプ。優しくて明るい人。
・悩み…ips、人工知能、ゲノム操作、金欠、筋肉痛、時間…
・行ってみたいところ…羅須チジン協会の賢治先生の家、温泉
・謎…果たして人はニュートラルポイントに行けるのか?そこでは全てが止まっているのではないかという疑問。
・気づいたこと…禁煙は苦痛ではない。世の中に殺人病院が実在すること。早朝の運動が
最高の気分転換なこと。
・嬉しかったこと…物書きの友人からの北海道への引っ越しの知らせ。映画『最強の二人』の発見
・『風立ちぬ』は乙女にしかふさわしくない。日本の伝統的な大和撫子の在り方は芸術的には評価が高いが、この歳になると生活感が無いところが不満。
・ユーミンは松任谷の頃よりも荒井由実の頃の方がいいと感じる。
・親父はバブルに乗れなかったのか、乗らなかったのか…後者なら天才的なばくち打ちだと思うこの頃。でも、将棋は俺より弱かった。
・若い頃は政治的関心を前向きに持っていた。しかし、現在は民進党が共産党と組んだこと、アメリカの大統領選などで、絶望的な関心を持っている。本当は捨てたい。
・文句…仮に日本に徴兵制が導入されても、士官学校が防大だったら、召集された賢い奴らが犬死するだけだぞ。
・歳をとればとるほどに、気合と努力の大切が身に沁みる。
・自分という『刀』を磨いていたころ、三島の『葉隠入門』と芥川の晩年の世界に染まったが、若気の至りだと感じる昨今…よく死ななかったなと思う。
・仮に自分に子供がいたら、バイクは勧めない。私自身が五回以上死にかけたからだ。
・初めてのゴルフのラウンド、派手な坂での転倒の後、打撲だと言い聞かせてドライバーをフルスイングしていたが、実はろっ骨を2本折っていたことを後で知った。
・やすしのすしや、きよしとよしき。
・女にだらしない男を毛嫌いしていた学生時代。
・スマホ嫌い、パソコン嫌い…でも、スマホの辞書機能と音楽機能の便利さに気付かされた昨今。
・SNS嫌い。FBは毎日チェックするが、滅多に『いいね!』を押さないほどプライバシーの問題に疑念を抱いている。Twitterも一つしかチェックしない。
・私の大学時代、女の子に電話番号を聞くのには度胸がいった。携帯電話がなかったからだ。
・「如来になろうと努力し続ける人を菩薩という(高田後胤)」
・日本の湖で一番綺麗なのは、エメラルドグリーンの十和田湖。しかも、下流から奥入瀬渓谷を二時間近く歩く喜び‼
・初対面の女に、「今日は帰りたくない」と言われたことが三度ある。しかし私は、あえてそれらを無視した…初対面でそういうことを言う女性の貞操概念を疑ったからだ。誓って言うが、私はお持ち帰りをしたことがない。私の飲み友達もみんなそうだった。紳士だった。その事は、自分も含め、誇りに思う。
・最近は、お酒との距離感がいい。そうなると、一日の時間の使い方が変わる。
・欲と運は反比例する…だったら、どうやったら金持ちになれるんだろうな・・・
・人が『成功』と呼ぶ事柄に、未だに消えない疑問…そんなもの本当にあるのか?
・名人は鼻声の女の品性を疑う。ましてや、息遣いではもっと解る。
・時には、計算を度外視して、感情を爆発させる事は大切。私の場合は、今はドライブ…一応、ゴールド免許ですが、何か?
・皇族がI.C.U.に入るのはいかがなものか?「靖国で会おう」と言って死んでいった人々にとって、犠牲になった根拠の人乙は天皇が神道に基づく現人神だった事だ。それらの御霊に対する背信行為ではないのか?ちなみに、I.C.U.が戦後後続によって作られたことは承知済みで…
・生前退位の条件は、第三皇位後継者を決めてからでなければ成り立たぬ。
・『命があれば金は稼げる。しかし、命を金で買うことはできない(前田一)』
・週に一度、長時間訓練するよりも、毎日、短時間でいいから訓練する方が上達は早い。しかし、それには金が掛かる。
・本当の教育とは、その時点で決めるものではなく、最低限、三代先、つまりは孫の生活や才能にまで気を配ることだ(前田一)。
・東京五輪は金の始末の仕方が下手だ。国立競技場は、最初の案が一番よかったのだ。始末の仕方は、リオ五輪が教えてくれた筈だ。
・時間にルーズな人間は信用できない。なぜならば、ほかの何人もの時間の合計の無駄な時間を考えれば解るだろ?
・創造力を掻き立てられる条件というのは、確かにある…要は、きっかけなのだ。
・それが、現在、このblogを書かせている原動力でもある。
・何故、日本人の多くは、ORION(オリオン)座に感傷的になるんだろう?かつての私もそうだったが、今のわたくしの目標は、南極からサザンクロスを観ることである。7
・白髪が少しずつ生えてきたが、若く見えると言われるのは、素直に嬉しい。
・全国各地に、僕だけの『場所』がある。これは喜びだが、地球規模にしなければ…
・「みんなエンジンや飛行機に惚れて機械科に行ったんだよな」という、こないだの飲み会での友人の言葉がその年頃の私を象徴していた。ほかの科や文系の友人もいたのにね…
・片思いでも、創造力次第では、立派な恋愛だ。
・今年、医者不振から始まった私の人間不信は、『親友』の定義さえ疑わせた。今は立ち直っているが、それ程、私は堕落したということだ。
・男女間で一番よくないのは、中途半端な想いを中途半端に捨てきれないことだ。
・僕は不器用な男だ。しかしながら、気付いていないわけではない。また、傷つくことを恐れているわけでもない…って、そんなことは、お互いさまなんだよね。現在の僕は、貴女のおっしゃる通り、芸術は誰のものでもないと考えている。盗用されたとも思っていない。お願いだから、これ以上のRegretは捨てて…僕は、前向きでスピリチュアルな人が好きだから…そうなろうと今更ながら努力しているんだ。僕も若すぎたから、きっと、君に嫉妬したんだろうね…ごめんね。

|

« 3000話目のひと区切り | トップページ | Love is over »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/64281501

この記事へのトラックバック一覧です: Positive & Spiritual:

« 3000話目のひと区切り | トップページ | Love is over »