« 入院中 (即入院) | トップページ | 入院中の話の中断 »

入院中 (休めってことか?)

入院が決まると、母は荷物を取りに自宅に向かい、私は心電図の検査とレントゲン撮影の後に、病室に向かった。8階の東病棟だ。ナースステーションで挨拶すると、827号室に、通された。暗い部屋だ。その部屋の一番通路側のベッドに、母が置いていった新しい仁兵衛を着て根っころがった。 蒸し暑い。何故か、そのベッドには、腰のところにベルトが付いていた。間もなく、看護師さんが入ってきて、利き腕でない左の腕にベテランのシブさんが点滴用の針を二本刺してくれた。あまりの見事さに、この人、針師やっても食っていける、と思った。同時に、点滴が打ち込まれ、お礼を言うと、独りになったので、仰向けになって寝っ転がり、ジッと天井を見上げた。なにか、久しぶりの不思議な解放感に浸っていた。神が俺に与えたもうた時間だと思ったが、それは、大きな間違いだった。

|

« 入院中 (即入院) | トップページ | 入院中の話の中断 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/61838042

この記事へのトラックバック一覧です: 入院中 (休めってことか?):

« 入院中 (即入院) | トップページ | 入院中の話の中断 »