« 錦織効果 | トップページ | どうしているかなあ »

打ちっ放し通いと腰痛

 いつになるか解らぬラウンドのために、昨日も貴重な晴れの日と、打ちっ放しに行ってきた。連絡から、のべ四回目。それまでずっと、7Iで芯をとらえる練習をしていたが、スプーンを取りだして練習し始めた。打つといっても、半分は素振り。ティーアップし過ぎてテンプラが上がった前回の反省を生かし、一番低いティーにした。打ってみると、いきなり180y近く。よっしゃよっしゃと喜んでいたが、腰痛が。前屈みの姿勢になると痛みがうずく古傷だ。これは無理が出来ないことは経験則から判っている。前回の疲労もとれぬままに、昨日は50球で切り上げた。スプーンは別名フェアウェイウッドとも言う。ロングホールなどで、2打目に一番使うクラブでもある。ティーアップして10球ほど打ったら、ティーアップせずに地べたでの練習を繰り返した。およそ150yくらいか。これまで何度も感じてきたことなのだが、クラブは力んで振ってはいけない。クラブの芯を捉えると、軽い力で面白いように飛んで行くのだ。野球のバットの芯と一緒である。コントロール重視で行くなら、スイングスピードを落とすのも一つの手段である。ところで、何故、今回、史上最高の飛距離が出たのかは解らない。面白くなくてもアイアンの練習を続けたからなのか。基本の大切さを身にしみて味わった。とわいえ、今までのラウンド前の調整では150球は打っていたのだが、腰痛に悩まされている。ドライバーが苦手なので練習したいが、一番腰に負担が掛かるという矛盾。今回、調子はいいのだが、腰痛がひどい。本当に行けるのだろうかと思いながら練習している。しかも、こないだのラウンドで、練習場というのは最高のコンディションだということを、大叩きして解った。できれば、もっと早く行ってバンカーの練習をしたいのだが、腰が許すかどうか。久々にカラリと晴れた早朝に思ったことであった。

|

« 錦織効果 | トップページ | どうしているかなあ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/61696098

この記事へのトラックバック一覧です: 打ちっ放し通いと腰痛:

« 錦織効果 | トップページ | どうしているかなあ »