« 強欲ババア | トップページ | ポピー園に行くことで和解 »

忘れかけていた母の日

 5月10日が母の日だとは、ずっと前から意識していた。カーネーションを送りたい所だが、今年は止めにした。その代わり、藤の花のスポットを二往復半した。それでも母は曰く、「まあまあね」と。多分、お袋には満足という概念が無いのだろう。何でも比べるのだ。こういう親の元で育つときりが無い。私は産まれてから、一度も褒められたことは無い。褒めすぎるのも、どうかと思うが、文句ばかり聞かされるのもどうかと思う。彼女は何も解っていないだけなのだ。勉強が出来なくて文句を言うのならまだ解る。しかし、そうではないのだ。女の欲望とは限り無いものだと気付く。そうなると、どうでもよくなる。適当になって、ごまかすのだ。確かに勉強も大切だが、それ以外に重要な事が人間社会にはある。そこの所を見せないように人は育つ。自分に出来ないことをい押しつける・・・これ、最低。しかしながら、私の暮らしの中では当たり前のことだった。勉強が出来ないなら出来ない人なりの悲しみが、逆なら、もっと強い悲しみがあるものだ。席次順に並べる塾の中で、私は疑問を感じた。塾講師の暴力のために、殴られた友人の授業をボイコットしたりもした。大体、いい大人が小学生を殴る事に腹が立った。生意気とかそういう次元の問題では無い。卑怯なのだ。なんぼ東大出ようがおかしい奴ばっかりだった。まあいい。昔の思い出だ。神よ、我々を正しい方向に誘え。それが役目だろ?

|

« 強欲ババア | トップページ | ポピー園に行くことで和解 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/61571506

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れかけていた母の日:

« 強欲ババア | トップページ | ポピー園に行くことで和解 »