« 南房総へドライブ  その4 | トップページ | ゴルフのお誘い »

馬券とギャンブル

 今は亡き、馬券予想の神様、大川慶次郎氏が、JRAで三着までを当てる馬券が出たときに、三着馬を当てるのは邪道、と言っていたのが忘れられない。今でこそ、三連複、三連単、などは当たり前になってしまったが、少なくとも私は買ったことが無い。単純に馬の世界を人間社会に当てはめる気は無いが、勝たなければ生き残れないのである。これまで、いろんな馬を観てきたが、報われるものとそうでないものとは雲泥の差である。だから、私は、よっぽどのことが無い限り馬刺しは食べられない。いわゆる桜肉は、よう食べん。あの時の未勝利線で惨敗した馬か、と思ってしまうのだ。また、博打としては、勝ってはいるが、何度も痛い思いをしての結果だ。これまで競馬場に行って負けたことは無いが、最悪の場合は勝ち分がラーメン一杯というときもあった。家路が遠いだけに、空しさだけが残るというものだ。私がその事を話すと、「勝つだけいいじゃない。オケラ街道って知らないの?寺山修司よ」という娘もいた。そういう場合、コイツはバカな奴だと私は相手にしない。寺山修司が、車は持っていなくとも馬主だったことぐらいは知っている。家出を勧めながら、自分は過去の女を裏切り女優と結婚し豪邸に住んでいたことも知っている。矛盾の無い人間などいないが、不純な人間は嫌いだ・・・こんな事を考えていたが、よく考えると、今週はダービー前のスペシャルウイークである。日本ダービー・・・かつて私が馬券で三連覇したときに、『もういい。これ以上、運を使いたくない』と思わせたレースでもある。有馬記念でも馬券で四連覇した次の年に負けた。ギャンブルというものは、欲張りすぎたら、必ず角が立つように出来ている。来週の日本ダービーはおそらく買わないであろう。

|

« 南房総へドライブ  その4 | トップページ | ゴルフのお誘い »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/61645681

この記事へのトラックバック一覧です: 馬券とギャンブル:

« 南房総へドライブ  その4 | トップページ | ゴルフのお誘い »