« 忘れかけていた母の日 | トップページ | 五月の嵐 »

ポピー園に行くことで和解

 目覚めたら、blogを書いた記憶が無かった。慌ててパソコンを立ち上げたら、書いてはいた。しかし、内容がひどすぎるのでかなりヘコむ。これは、歯医者の定期検診が終わったら、母の日のプレゼントの仕切り直しをしなければならぬと痛感。外房では無いが、ネットで見付けたポピー園に行くことに。ナビに入力して向かったが、日差しが強くてナビがほとんど見えない状態ながらも、一時間位で到着。昔、親父と来た時には、桜の季節で、ポピーでは無く、菜の花しか観られなかったそうだ。およそ十年振りとのこと。どんな所か見当もつかなかったが、入園料はタダ。確かにいろんな花が咲いている。坂が急だなと思っていたら、乗り合いの乗り物があるので乗車。私はてっきり一周して元の場所に戻ってくるものだと思っていたが、片道だけである。帰りは徒歩だ。この時点で母が帽子を忘れたことに気付くが、後の祭り。高低差の激しい道を花を見ながら歩く。峠を越えてしばらくすると、花が密集している窪地に降りる階段があった。階段の上から観る景色と、降りてからしばらく歩いて振り返ったアングルぐらいしか見所が無かったのが本音である。入口広場でベンチに座っていると、行きに乗車した乗り物が戻ってきた。母が車掌に落とし物の帽子について尋ねると、運良く見付かる。駐車場を出て家路に就くと、「もう一度来る気はしない」ということで意見が一致。まあ、いい運動になったというのが結論である。高速を使って帰ったら、あっという間に帰宅。わざわざ行くほどの所では無かったと反省会。いい日光浴にはなったが、マヌケな感触だけが残った次第。

|

« 忘れかけていた母の日 | トップページ | 五月の嵐 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/61576185

この記事へのトラックバック一覧です: ポピー園に行くことで和解:

« 忘れかけていた母の日 | トップページ | 五月の嵐 »