« コンビニとクリーニング屋と | トップページ | 自画像 »

我が家の食卓

 夕飯は天さるであった。とはいっても、量が半端じゃあない。天ぷらだけで充分な量があるのに、その上、ざるそばまである。家族三人で食べたが、誰も完食できなかった。なぜこんなに量を作るのかは謎であるが、私は腹八分目を守っている。しかし、昔、友人が来たときに、タンメンを御馳走したら、「お前の家、いつもこんなに食べるのか?」と聞かれたので、「ほとんどが野菜だろ。すぐ腹が減るぞ」と応えたが、確かに食べる量は多いのかも知れない。こないだ行った近所のラーメン屋で大盛りを頼んだが、今ひとつ足りない気がしたので、普通の人に比べると多めに食べているのだろうか。しかも家族三人とも、異常に食べるスピードが速い。また、トンカツなどの脂ものの場合、私は付け合わせの野菜をごはん代わりに食べるのだが、他の二人は、茶碗一杯きっちり食べる。とは言っても、量が多いのは夕飯だけで、朝と昼は適当である。また、母は食物科出身だけあって、料理が好きだ。作る料理もおいしい。しかしながら、母の料理の情熱は、美味しい物をもっと美味しくという方向にでは無く、いかに手抜きして美味しく作るかという方向に捧げられた。複雑な気分だが、料理を習う分には解りやすくていい。何はともあれ、食べられる事に感謝しなければ。今日一日、食育という言葉について考えていたから、こんなblogになったのだろう。

|

« コンビニとクリーニング屋と | トップページ | 自画像 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/61590128

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の食卓:

« コンビニとクリーニング屋と | トップページ | 自画像 »