« ジクジクと | トップページ | 時間調整の方法 »

アテ馬と神様とライアンと

 私は馬刺しを食べない。何故ならば、負け馬の肉だからだ。バブル期には年間一万頭のサラブレッドがいたが、牡馬のほとんど全ては馬刺しになる。残るのは、強い馬の遺伝子だけのサラブレッド社会に於いて、種牡馬となるのは人気馬か強い馬だけである。その代わり、一度種牡馬になれば、牧場でも好待遇されるのだ。以前、私が読んだ本によると、種付けの際、本命馬と異なり、牝馬をその気にさせるため、アテ馬という牡馬がおり、いざとなったら、本命馬とすり替えるという話が載っていた。このため、アテ馬はノイローゼになるそうな、とも書いてあった。半分本当で半分嘘な印象を持ったのは言うまでもない。まあいい。競馬に於いては、みんな強い馬を好きな馬とする。強い馬には共通して、過去の馬たちの面影が残る。私が府中に行ったとき、メジロブライトが勝った。その時、脳裏をよぎったのは親父であるメジロライアンのダービー二着の時のイメージだった。メジロライアンと言えば、神様、大川慶次郎が愛した馬でもある。オグリの引退レースで、神様がTVの生放送で、「ライアン!!ライアン!!」と叫んだのは有名な話だ。しかし、その理由を知るものは少ないと思う。神様は、当時、某競馬新聞のメインであった。ある日その新聞を読んでいると、神様が新馬戦の頃からメジロライアンに惚れ込んでいたのである。ライアンは期待通りの道を進む。神様は、さぞかし幸せであっただろう。しかし、なかなかライアンはGⅠを勝てない。最後にようやく勝って、種牡馬となる。数年後、神様が寿司屋で倒れて死んだと聞いた。大往生である。神様はシンボリルドルフが最強だと言っていたが、ディープインパクトについてどう思ったのかを聞きたい所である。

|

« ジクジクと | トップページ | 時間調整の方法 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/61430937

この記事へのトラックバック一覧です: アテ馬と神様とライアンと:

« ジクジクと | トップページ | 時間調整の方法 »