« 志望校知らず | トップページ | ブービーで迎える入学式 »

目覚めの音楽

 久々に、夢で音楽が鳴って目覚めた。クラプトンの『Cange the World』だ。かつて、ある友人に昔の洋楽事情を聞いたら、「本来、クラプトンは60年代が終わった頃に死んでいなければならなかった」という過激な発言も出た。何はともあれ、『Tears in Heven』のバックグラウンドや、ウッドストック、ジミヘンの存在を知った上での話だった。そういう話はもういい、というのが私の現在のスタンスである。クラプトンは3月30日産まれだが、他にも、ノラ・ジョーンズやセリーヌ・ディオンの誕生日である事をこないだ知った。三人で一体いくら稼げば気が済むんだ、とも思った。寝覚めに音楽が鳴ったのはこれで三度目。一度目はモーツアルト。二度目はホテカルである。どれも悩んでいるときに鳴った。目覚めの音楽としては、ノラ・ジョーンズがいちばんいいのではないか?カーテンの隙間から朝の日差しがこぼれる中、気だるそうに、下着のままコーヒーを持ってくるイメージ。それが一番いいのに、なんでクラプトンなんだろう?と思う。間違っても、マリリン・マンソンであってはいけない。しかし、昔、外国に、ユーザーフレンドリーという馬がいたのも事実である。間違いなく関連性はないと思うが。そういえば私は、現在、ノラ・ジョーンズのCDを見失っている。買い直そうかとも思うが、まずは部屋の整理整頓が先である。同じ物を二度買うほど馬鹿馬鹿しいことはない。CDよりもYou Tubeで探した方が早いかも知れない。ちなみに私は気持ちがモヤモヤしたときに、ジョンレノンの『GOD』を聞く。うさ晴らしに過ぎないが・・・

|

« 志望校知らず | トップページ | ブービーで迎える入学式 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/61395950

この記事へのトラックバック一覧です: 目覚めの音楽:

« 志望校知らず | トップページ | ブービーで迎える入学式 »