« 逆の発想 | トップページ | カウンセラーになりたいと言った少年 »

試練

 この毎日blogを始めてから、もうすぐ2900話目となる。辞めたいと思ったことも、逃げたいと思ったこともゴマンとある。特に、不調なときには、買ってでもネタが欲しいと思った。ノイローゼになった事もある。海外からでも打ち続けた。この八年弱続けてきて、最も悲しかったことは、blog文化というものが廃れてしまったことである。どれだけ大切な事を書いても、意味が無いのである。自分の友人との約束を死ぬ覚悟で守り続けてきた。3.11の時にも、辛い思いはしたが、投げることだけはしなかった。諺に言う、『桃栗三年、柿八年』とは、どういう事かも解ってきた。単なる芸事を指すだけの言葉では無いな、と。芸事に限れば、落語家だったかなんだったかは忘れたが、修行中は24時間(寝ている間も)芸について考えられなければ駄目だ、と言った人がいた。私も、この24時間縛りのblogを通じて、片時も頭から離れることは無かった。証拠に、日付更新の深夜0時が近付いてくると、自然と目が覚めるのである。こんな事をしていて・・・などと考えると、頭がおかしくなる。それが、不器用なりにも、自分の道なのだと信じなければ、到底耐えられない。耐えられるはずが無い。もう一つ、私の中には、死んでも男同士の約束を守る、という信念があった。誰に何を言われようが、放っておいた。生き方の優先順位が違うのだから仕方がない・・・最近、よく、私が思うことは、毎日blogとは、試練なのではないか?ということだ。私が本当に文章というものを愛しているかどうかへの試練なのかと考えるようになった。

|

« 逆の発想 | トップページ | カウンセラーになりたいと言った少年 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/61246899

この記事へのトラックバック一覧です: 試練:

« 逆の発想 | トップページ | カウンセラーになりたいと言った少年 »