« 祖母の一周忌 | トップページ | 甥の通う高校 »

J:COMの横暴

 ケーブルTV会社として、JCN(Japan Cable Network)と契約した。KDDIが関わっていたというだけで、電話、ネット、TVの回線を任せた。信用していたのだ。しかし、いい関係というものは長続きしない。こちらはJCNと契約したつもりでも、いつの間にかJ:COMに業態を変え、まずはパソコンのセキュリティでトラブルが出た。メールアドレスのドメインがJ:COM名義になっていないとセキュリティのサービスが受けられないというのだ。つまり、強制的に子ネズミになれと言われているのと同等である。文句を言ったが、焦げ付いて焼けた。次に不審に思ったのは、パソコンでGoogleで検索したキーワードが、無理矢理に押しつけられたJ:COMのサーチエンジンにも現れるという問題。まるで、プライベートを監視されている様な気分だ。こういうハラスメントを突きつけられては、いい関係など作れるどころか、J:COMという会社は何か勘違いしているとしか考えられない。何があったのかは知らないが、現時点で、KDDIが手を引いているのだが、その知らせも突然で、一方的に無茶苦茶な条件を突きつけられたようなものである。いつの間にか、相当に信用できない会社にライフラインを握られている気分だ。イライラが納まらない中、二、三日前から、TVを点けると、J:COMのページから番組が始まるようになった。何とか怒りを静めている状態だが、要するに、出しゃばりすぎているのである。解釈の仕様によっては、プライバシーの侵害だ。今時、そんなことをしても、信用を失うだけで、何のメリットも無い。旧態依然とした、あわれな企業なのだ。契約を打ち切ろうかどうかで悩んでいる所である。

|

« 祖母の一周忌 | トップページ | 甥の通う高校 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/61216561

この記事へのトラックバック一覧です: J:COMの横暴:

« 祖母の一周忌 | トップページ | 甥の通う高校 »