« ニッカとサントリーの飲み比べ | トップページ | 祖母の一周忌 »

甥が高校合格

 その電話は昨日の午前中、母の携帯に届いたそうだ。『合格だって』と弟から。もちろん、家族中で喜んだ。私が塾講師をしていた頃とは、大分、制度が変わった様子。何でも、今年の高校入試の問題は、傾向がガラっと変わったらしく、みな苦戦したそうな。「倍率が1.5倍の受験なんか受験じゃあねえ、大体、受験っていうものは、○か☓かのどっちかしかない。△は無いんだ」と、厳しいことを言いすぎたかとも思ったが、それが現状なのである。弟の話によると、友人四人で合格発表を観に行って、二人通って二人すべったそうである。こういう時には、どちら側からも、掛ける言葉は無いだろう。気まず過ぎる。私の場合は中学受験と大学受験だが、中学受験の時には学校があるので親に観に行ってもらった。大学の時には、郵送を頼んだ。また、大学受験の時には、本命に受かっていた私は、後は受けなかった。受験シーズン前に祖母が、金粉入りの日本酒を送ってきたが合格が決まる前に飲み干してしまった・・・そんな話はどうでもいいのだが、お祝いに、正月から仏壇に飾っていたビールを用意していると、弟も私の分までビールを買ってきてくれた。「おめでとう!!」から始まり、食卓にいい空気が流れる。色々と聞いていたが、弟の血に似たのか、カミさんの方に似たのかよく解らない勉強法だった。我が家の家系は、爆発型である。その代わり、短期集中なのだ。結論として、誰に似たのか解らない、ということになった。最後に、しつこいようだが、弟に、「三年後には大学入試が待っているんだからな」と付け加えたのも、たくさん失敗してきた例を観てきたからである。高校入試なんて通過点に過ぎないのだ。

|

« ニッカとサントリーの飲み比べ | トップページ | 祖母の一周忌 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/61205355

この記事へのトラックバック一覧です: 甥が高校合格:

« ニッカとサントリーの飲み比べ | トップページ | 祖母の一周忌 »