« 連れションと夢とアベノミクスと | トップページ | 帰国子女とアイデンティティ »

提案

 「ところでさあ、この会の二回のうちの一回は都内でやろうよ」という提案が二年半ぶりの友人の口から出た。全部で八人の友人のうち、私と店長を除いた六人が都内に住んでいるのである。私の自宅からは、東京駅あたりが草加への中間点なのだ。みんなが、それもいいなあ、という雰囲気の中、店長はお目覚めし、「俺的には全然構わない」という返事で、これからはそうなることが決まった。みんなが、都内のいろんな場所を希望する中、銀座がいいなあ、と言う友人もいたので、幹事役の私としては、一つ頭を悩ませることがあった。それは、リーズナブルな価格かつ寛げる店選びについて。「都内でもいいけれど、場所も特定されていない中、いい店を選ぶのは難しすぎるなあ・・・誰か店選びをやってくれないと困るな」と正直に言うと、二年半ぶりの友人が、「だったら、俺がやってもいい。その代わり、土曜じゃあ無くて平日にしようよ」との提案にみんな、ちょっと話し合った後で、店長の都合も考えて、「じゃあ、木曜日にしよう」ということになった。「ちょっと待ってくれ、木曜日って俺の休肝日じゃねえかよ」と話してみても焼け石に水。帰って来たのは、「だからいいんじゃあねえか」というコメント。『こいつら鬼や』と思ったが、「しょうが無い。その週は水曜日を干す日にするか」と語ると、誰かが、「ゆくゆくは、そのお店で」と二年半ぶりの友人に声が掛かった。みんな、やるとなったらとことん応援する。この面子でスクラムを組んだら、負ける気がしないから不思議だ。そうこうしているうちに、本当のメインディッシュが出てきた。鳥である。鍋では無かったが。

|

« 連れションと夢とアベノミクスと | トップページ | 帰国子女とアイデンティティ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/61046514

この記事へのトラックバック一覧です: 提案:

« 連れションと夢とアベノミクスと | トップページ | 帰国子女とアイデンティティ »