« 自殺未遂の明け方 | トップページ | 何を書けばいいんだ? »

人それぞれの悲しみ

 正直、未だ眠い。一日中ぼんやりと考え事をしていた。世の中の万人全てに、誰にも言えない事情があることを知った・・・いや、当の昔から知っていたのかも知れない。自分自身で抱え込んでいたから。今の自分の状態も、必然であるとも思う。そんな中で、自分が努力もせずに、人のせいにすることだけは絶対に止めることにしていた。いくら、不条理な理由で潰されようとも。そんなうちに、逆境をバネにすることを覚えた。その時々で、どれだけ辛くても、独りで黙って過ごす中、その時に出来る最善の策を練って実行してきた。その体験は、私の心を強くし、辛抱強くさせた。その時に培ったことは大きい経験となって、後の私にプラスに働いた。必然的に物事の本質について考え、自分の考え方というものを持つようにもなった。一方で、おかしな事はおかしいと言わなければ気が済まない性質にもなってはいたが。ある人からは我が儘な人間に映ったかも知れない。しかし、私から言わせると、当人の意見が相当な偏見を持っていることを感じざるを得ない例が多かったのも事実。一昨日は、母親のこれからの人生に関するルーズな考え方を聞き、要は、遅かれ早かれ、事実上、私に『死ね』と言っていることに気が付いた。私は少しも感情的にならずに、黙って、今、死のう、と決意しただけである・・・昨日一日考えてみて、母に、「座して死を待つよりは、動け」という言葉を語った。「どうすればいいの?」と聞く母親に、「自分で考えるしか無い」としか応えようが無い。それだけのことである。

|

« 自殺未遂の明け方 | トップページ | 何を書けばいいんだ? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/60740144

この記事へのトラックバック一覧です: 人それぞれの悲しみ:

« 自殺未遂の明け方 | トップページ | 何を書けばいいんだ? »