« 意図的なる節煙 | トップページ | 歯磨きの習慣 »

『13歳のハローワーク』を読んでみて

 『13歳のハローワーク』は実は名著なんだと聞いて、読んではみたものの、私にとっては駄作であった。もちろん、改訂版の方を読んだ。改訂版は前書きがしっかりと間違った道で、説得力溢れるように書いてあった。様々なことが数学の証明のように書かれてあったが、筆者は致命的なミスを犯していた。『金』が目的であってはならないと書いてある。金では買えないものの一例として、『信頼』を挙げて細かに書いていた。一方で、『地位や名誉』を得るために仕事を通じて、社会と関わり合う大切さを説いている・・・矛盾である。実際、現在働いている人の1%も、地位や名誉など得てはいない。家族を養うために、金を稼ぎ、我慢しながら働いているというのが現状だ。前書きを読んだだけで、これだけの疑問符が付くのだから、中身はあってないようなものである。採り上げている職種が少なすぎる。その割には具体的な職種が書いてある。これは、筆者の偏った主観によるものであり、現実社会に対して地に足が着いていないと言っても過言では無い。私から言わせれば、そもそも、人生にセオリーなんてものは存在せず、流れ着いた先に、待っているのが仕事である。向いているかそうでないかなど、自分で決められる人は少なく、みんな屈辱の中で、歯を食いしばりながら、『金』を稼いでいるのだ。それに誇りを持てるかどうかは、第三者の言うべき所では無い。それから、この本は、総合力に欠けている。様々な職種を半ば断定的に書いている。具体的には、対象の13歳に対して、科目ごとに向いている仕事を挙げている形式だが、人生なんて何が起こるか解らないのだ。トータルで考える人の方があらゆる面で伸びやすいということも欠落している。それに、13歳という初めてティーンエイジャーになった年頃というのは、悩みが溢れかえる年代でもある。大人が考えるほど、単純でも無い。純であればあるほど傷つく年代だ。そういう年頃のいわゆるガキどもの、考えるヒントにもなってはいない。一言で言うと、将来、働きアリになるためのHow to本に過ぎない。それ程にひどい悪著である・・・まだまだ言いたいことは山程あるが、こんな事を書いている時間がもったいない。ゴミ箱に放り込んでいい一冊である。

|

« 意図的なる節煙 | トップページ | 歯磨きの習慣 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/60861578

この記事へのトラックバック一覧です: 『13歳のハローワーク』を読んでみて:

« 意図的なる節煙 | トップページ | 歯磨きの習慣 »