« 墓参りと過去帳事件  その2 | トップページ | 予防接種完了 »

墓参りと過去帳事件  その3

 母が店員と共に、何やら小さな仏具の前で話している。仏具を観ると、過去帳を置く木の台で、8000円という高値。雰囲気から察するに、何やら、事件が起きた様子。そういえば、墓参りに向かう車の中で、「あれ、壱万円札が無い」と母はもらしていた。過去帳が二、三千円とすると、合わせて壱万円以上・・・足りない。私は咄嗟に、「そういえば、こないだ金借りてたなあ」と言って、母に一万円札を握らす。過去帳を買うだけならば安く済むだろうとふんでいたが、仏具屋には、しっかりと『過去帳置き』という高価な仏具が存在。安堵の表情の母。家の仏壇に合った色の物を選び、線香とセットで購入。店員さんは親切。だが、全部、お見通しの様子。仏具屋で、「お金が足りません」は確かに格好悪し。偶然に私が店内に入り、母のピンチを救った形。思わぬ油断。『仏具屋に用がある時には、多めに持って行け』という教訓をゲット。家路に就く途上、互いに反省会・・・帰宅し、仏壇に『過去帳置き』を置く母、過去帳なるものを観てみる私。過去帳は手の平サイズなれども、幾重にも紙が折り重なってたたみ込まれ、一日から三十一日まで、故人の命日に、戒名や俗名を書く仕組み。本来、故人の月命日に坊さんに読経してもらう為の物だが、堕落坊主に毎月お布施を渡す必要なし。我が家は月命日には墓参り。しかし、この過去帳、困った事に、書き方が解らぬ。我が家のみの物なので、適当。とりあえず、父の命日である日を開いて、高価な『過去帳置き』に置かさせて頂いたまでの次第。

|

« 墓参りと過去帳事件  その2 | トップページ | 予防接種完了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/60676637

この記事へのトラックバック一覧です: 墓参りと過去帳事件  その3:

« 墓参りと過去帳事件  その2 | トップページ | 予防接種完了 »