« 煙草をトントントン | トップページ | 自殺未遂の明け方 »

ディーラーの請求書

 九万という大金を持って、嫌々ながらディーラーに車のナビの交換に行った。その日二度目の出動。着いてみると、お姉ちゃんが出てきたので、要件を説明。その後ナビの取り付け修理に入る。この日は、スマホの情報を調べに、最寄り駅に向かい、大手三社のパンフレットを持っていたので、暇つぶしにそれを読む。概要は掴めたが、今ひとつピンとこない中、まだ、自分のニーズも掴めていないし、先の話だなあ・・・と腕を伸ばして考えていたら、先日の担当者が請求書を持ってきた。それを観て、呆れかえった。メイン基板交換、DVDドライブ交換、技術料、の三つだけしか書いてはおらず、数字だけがやたら桁が多い。担当者は営業なので、メカのことを聞いても判らないだろうとは思ってはいたが、あまりのどんぶり勘定に呆れ返った。それを言っても無駄だと思ったので、保証期間について尋ねる。大慌てでメーカーと交渉し、三ヶ月、とのことだった。しかし、ナビのどこが壊れているかも解らないのに、トラブルが発生しても困る旨を言うと、再び打ち合わせ。しばらくして、三ヶ月はディーラー保証ということになり、これ以上、何を言っても無駄だと考えた私は、帰る事に決めた。すると、机の上には、A4の請求書とちっぽけな領収書。何とかしてくれるよう頼み、封に入れてもらい、車のエンジンを掛け、ナビに自宅を登録して家路へ。曇天模様の中、夕暮れ時、ピリピリしながら返った。そんな私を待っていたのは、ボーナス時期狙い撃ちのオートバックスのチラシ。ピンキリだったが、最新式のは二十万していた。それを観て初めて、ディーラーを少し許せる気持ちになった。

|

« 煙草をトントントン | トップページ | 自殺未遂の明け方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/60728928

この記事へのトラックバック一覧です: ディーラーの請求書:

« 煙草をトントントン | トップページ | 自殺未遂の明け方 »