« 気が付けば夜 | トップページ | ディーラーの請求書 »

煙草をトントントン

 節煙し始めて一ヶ月近くになる。吸う量も以前の半分以下になった。自宅で携帯灰皿を使っているのも私ぐらいなものだろう。しかし、灰皿があり、煙草の箱が置いてあると、気が付かないうちに惰性で吸ってしまうものなのである。この、『惰性』というやつは、かなり手強いもので、なかなか研究のしがいがあるテーマかも知れない。現在の私は、全ての煙草を意識的に吸っている。だから、吸う前には、箱から一本取り出すごとに、煙草をトントントンとやって、煙草の葉を詰める癖が付いた。無駄にしないためにである。それでも、吸い終わった後、『なんで、俺、こんなもの吸っているんだろう?』と思う事しばしば。ストレスがかかると、後悔することが判っていても、手を伸ばしてしまうこともある。本気で止める気があるのか、自分を見つめ直す。長年吸っていると、自分を落ち着かせるための『儀式』の様になっている事にも気が付く。煙草を吸わない方には理解できないだろうが、『習慣』とはそういうもので、なかなか消すことが難しい。禁煙した友人などに聞くと、解っている上で、「あんなの金の無駄だぞ」と教えてくれる。それも解る。しかし、なかなか止められないのは、生活の中で、煙草によって、一種の『間』というか、リズムを取っている面があるからではないかと思うのが、最近の私の感想である。我慢できる出来ないという類よりも、こっちの面の方が私の場合は強い。ここからさらに減らすには、誰かに預けてしまって、意識から消す様にしなければならない。焦ることは無い、徐々にでも構わないのだ・・・ところで、煙草をトントントンと詰める様になったのは、ある友人が飲み会の席でやっていたのを思い出したゆえ。彼はきっと、禁煙したかったのだろう。私があげた一本を大切に吸っていた。今になって彼の気持ちがしみじみと解る。

|

« 気が付けば夜 | トップページ | ディーラーの請求書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/60724285

この記事へのトラックバック一覧です: 煙草をトントントン:

« 気が付けば夜 | トップページ | ディーラーの請求書 »