« 喪中葉書で困ること | トップページ | 今日はのんびりと »

プチ・リフォーム

 台所の床の一部が窪んで来たので、何とかしようという話になった。業者さんに頼んだら、しっかりと直してはくれるだろうが、何分、金が無い。そうこうしているうちに、へこみ具合が加速し、穴が空いてからでは遅いということで、対処療法的だが、上に分厚い板を置いて、圧力を分散させることにした。当初は二枚の長方形を組み合わせる予定だったが、いざ、ホームセンターに行って見てみると、適度な大きさの板などない。床に置く物だから、危機管理にも気を遣わなければならない。一時間ほど見て回って、諦めかけた頃に、いい板を発見。といっても、一枚板では無い。当初は、大きな板を購入し、切ってもらおうと考えていたのだが、細かい板をパズルのように組み合わせる戦法を採った。フローリングの125cm☓25cmの板を三枚と80cm☓25cmの板二枚で補修する事となった。問題はどうやってそれを安全かつ安定的に取り付けるか・・・とりあえず、明らかに危険な角を滑らかにするための荒いサンドペーパーと、丈夫な方のガムテープを二枚買う。後のことは何も考えていない。家に帰ってしばらくしてから、やる気になった。いろんな棚などが置いてある台所だから、きっちりサイズが合わない。そこの所は、融通の利く、三枚板にして正解だ。次に、危うい角は適当に面取り。そうして、さらに、明らかに、くっつく板同士をガムテープで簡単に固定。これで大方、骨組みが出来たのだが、安全の確保のために、面取りした角を覆うようにマットを敷いた。『これでよし』と思ったが、パズル式故、圧力が均等に掛からないのがネック。その内に慣れるだろうと安易に考える。プチ・リフォームは三十分で完成・・・だがしかし、これは明らかにリフォームでは無く、ごまかしに過ぎないという不満感だけが残ってしまった。単なる気休めに過ぎないか、効果を発揮するかは、これからの様子を見なければ判らない。出来としては45点。赤点は免れた。

|

« 喪中葉書で困ること | トップページ | 今日はのんびりと »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/60691646

この記事へのトラックバック一覧です: プチ・リフォーム:

« 喪中葉書で困ること | トップページ | 今日はのんびりと »