« 私達はどうあるべきなのであろうか?  その4 | トップページ | 『がん保険』どうしようかなあ・・・ »

私達はどうあるべきなのであろうか?  その5

 これからの時代、どうなってゆくのであろうか?過去の時代の流れから現在へと回帰してみると、IT革命が一つの大きな転換点であること、スマホの出現により、さらに加速的に時代は変化した、というよりも、し続けているという現実を前にして、果たしてこれでいいのか?という疑問符が付く。二極化した社会、能力の無い政治家達、そして、朝日の没落に伴うマスメディアのこれからの在り方、教育の問題、高齢化社会を実際に迎えだした現実、赤字国債を抱え込んでいる日本と経済の諸問題、異常気象、相次ぐ天変地異、原発の問題、新興国とのつきあい方と国益の問題、まだまだ数え切れないその他の事情・・・日本だけとは限らないが、とりあえず、近い将来、誰しもが直面するであろうこれらの現実に、現時点で私達は目をつむってごまかし続けているのが現状なのではないのだろうか?確かに私も様々な事を考えては来たが、どこから手を付ければいいのか解らない位に、時代の流れは加速し続ける。ただ、一つだけ解っていることは、このまま行ったら間違いなく破綻するということだ。これは、日本だけではなく、世界規模でかもしれない・・・人は誰しも、現実から目を背けたがるものだが、それに立ち向かわなければならない日がいつか来る。自分でなくても、自分の子孫が。そこに、現在の貧富の差やら勝ち組負け組とやらは通用しない。どんな立場の人間でも絶対に逃れられない。なぜならば、どんな人間にも生老病死の苦しみ(仏教でいう四苦)を味わう時が必ず来るから・・・昔ながらのやり方で上に挙げた日本の問題に対処しようとしても不可能なのだ。これは、文明の便利さにどっぷりと浸ってしまった現代人全体が抱える業なのかも知れない。もしくはエゴイズムの問題なのかも知れない。もしくはコマーシャリズムの問題なのかも知れない。もしくは・・・というように、その根拠でさえも、いくらでも浮かび上がる。結局は、人類全体の責任なのであり、逃げ道など無い・・・その上で、『私達はどうあるべきなのであろうか?』という問いを発してみたのである。私自身も迷える子羊であることに変わりは無いのだ。

|

« 私達はどうあるべきなのであろうか?  その4 | トップページ | 『がん保険』どうしようかなあ・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/60628225

この記事へのトラックバック一覧です: 私達はどうあるべきなのであろうか?  その5:

« 私達はどうあるべきなのであろうか?  その4 | トップページ | 『がん保険』どうしようかなあ・・・ »