« ディーラーの請求書 | トップページ | 人それぞれの悲しみ »

自殺未遂の明け方

 未だに頭がボーとしている。この一ヶ月、私は神経が張り詰めていた。それでも、前向きに考えて、生き甲斐の無い中、家の財政の建て直しを模索し続けてきた。母親とも話し合い、より良い方向へ導く努力をしてきた。しかし、詳しくは述べないが、弟は、非協力的どころか、甘ったれた意見を言い、自己中心的な発言が目立っていた。お袋も気分を害し、私にまでそのとばっちりがやって来た。私も忙しい中、家族が協力しなければ成り立たないことを、散々言ってきた。それなのに、I,me,mineの世界で、それぞれが自分勝手なことを言い出した。昨日に至っては、お袋が勝手に腹を立てて、そのうさを思いっきり私にぶつけた。独りで怒鳴り散らし、私の意見を聞く余裕も無かった。要するに、私に死ねと言っていたのである。いい加減腹に据えかねていた私の我慢も限界に達した。もう、覚悟を決めるしかないとも思った。それで、母親に黙って、睡眠薬を大量に飲んだ。ためらいは無かった。もう、鬱憤に鬱憤がたまって、覚悟した上で飲んだ。もう、こんな滅茶苦茶な状況では、どうしようも無いことを自覚していた。決して短絡的なものでは無い。本当に死ぬつもりだった。その際、親友にだけ、ショートメールで詫びた。もう、明日はやってこないという気持ちで。しかし、私は頑丈に産まれすぎたのか、飲んで六時間経ったら目覚めた。それで今に至る。まだ、頭は働いていないが、本気で死ぬ決意をしたのはこれが初めてである。馬鹿馬鹿しいことをしたとは思ってはいない。ただ、迷惑を掛けた親友には心配も掛けて、心から申し訳ないと思っている。お詫びのメールを出したが、すぐに返事が返ってきた。本当に申し訳ないことをしたと反省している。

|

« ディーラーの請求書 | トップページ | 人それぞれの悲しみ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/60734941

この記事へのトラックバック一覧です: 自殺未遂の明け方:

« ディーラーの請求書 | トップページ | 人それぞれの悲しみ »