« 久々の打ちっ放し  その3 | トップページ | ピラミッドを組み立てるとしたら »

秘密兵器とアドバイスと基本から

 今回もゴルフの話で恐縮であるが、誘ってくれた友人から、二日間に渡って携帯にショートメールが届いたので、その話から。友人から、ドライバーの秘密兵器を手に入れた、とのメールが入り、250y以上は飛ぶぞ、とのことで、私は頭をひねった。基本的に同じゴルフボールを遠くに飛ばそうとするならば、物理学的見地から、無風ならば45度の角度が一番飛ぶし、運動量保存則を考えたら、(質量)☓(速さ)で決まる。すると、ドライバーのヘッドを重くするか、ヘッドスピードを上げるかしかない。シャフトのしなり具合とか、遠心力を考えると、シャフトの長さが変わったかのどれかだと推定したら、彼は、どれもだ、と来た。謎だが楽しみだ・・・翌日、一昨日の私のblogを読んだ彼は、再びメールをくれた。手にマメが出来るって事は、スイングがおかしいぞ、と。私は脇が甘いのかなあ?と書いたが、アドレスに入った時の腕の三角形を崩さなければ、大崩れはしない、と、大変重要なことを教えてくれた。よく、ゴルフ雑誌のチャートに載っているクラブを握った時の腕の三角形である。そして、最初は、3時9時で振れ、と教えてくれた。基本中の基本なのだが、それでは本番に間に合わないと思う心を抑えつつ、物事の基本の大切さをお互い熟知しているから、私は解った、と返事した。まずは正確さから、という彼の意見は最もなのである。やるからには上手くなりたい気持ちもあった。そして、昨日、そのアドバイスの通りに、素振りを繰り返した。三角形を意識すると、自然と脇が締まる事に気が付いた。グリップ時の腕の向きも変わった。それで、3時9時でハーフスイングをしてボールを打ってみると、面白い様に正確に飛び、飛距離も今までとさほど変わらない。正直、ビックリした。これを体に覚え込ませようと、7Iだけをひたすら振った。すると、何球かアイアンの芯に当たった事に気が付いた。アイアンは芯に当てるのが難しい。今回の本チャンでは駄目でもいいと覚悟した。本当に上手くなりたかったら、基本練習が肝心なのだ。台風が過ぎたら、また、納得いくまでやってみるつもりだ。何よりも、運動不足だった私にとって、運動がこれほどの気分転換になるとは思わなかった。いきなりハードなことをすると失敗する。小さな事からコツコツとである。

|

« 久々の打ちっ放し  その3 | トップページ | ピラミッドを組み立てるとしたら »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/60422880

この記事へのトラックバック一覧です: 秘密兵器とアドバイスと基本から:

« 久々の打ちっ放し  その3 | トップページ | ピラミッドを組み立てるとしたら »