« 慣性の法則 | トップページ | 久々の打ちっ放し  その2 »

久々の打ちっ放し  その1

 今月の21日に友人からゴルフに誘われた。実にクラブを振るのは、一年半ぶりである。曇りがちな天気だったが、ドライバーとスプーンと7Iを持って、昨日の朝、歩いて行ってきた。受付に行くと、顔見知りの叔母さんに二年ぶりくらいに遭遇。「ごぶさたしております」と挨拶をして軽い会話の後に、いざ、練習場へ。その前日に軽くゴルフレッスン番組を観たが、どうも動きがぎこちない。久々だからだ。ボールを買いに行ったら、500円で50球と5球減っている。事実上の値上げである。一年半前に中・高時代の友人達とラウンドして以来、クラブを振っていなかったのだが、ストレッチの後に、小さいクラブの素振りから始めて、玉を撃ち出す。中々ミートしないし、真っ直ぐ飛ばない。そういえば、首を動かさずに振ると真っ直ぐ飛ぶと言っていたなあ、と思いだしミートし始めたら、まずまず当たり出した。しかし、慎重に振っているので飛距離は出ない。35球位打った所で休憩。その頃には、日頃の運動不足から、汗がドッと吹き出していた。タオルで汗を拭いまくったと同時に、こりゃあ、一度、本番前にサウナに行った方がいいな、と思っていた。そんなことを考えながら、7Iをしまって、席に座ると、隣の席のおっちゃんが、しばらくの素振りの後、打ち始めた。私は、そのおっちゃんが上手と観て、観察を始めた。すると、上手いことボールをクラブに乗っけて飛ばす。夢中になって観察していた。

|

« 慣性の法則 | トップページ | 久々の打ちっ放し  その2 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/60408006

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の打ちっ放し  その1:

« 慣性の法則 | トップページ | 久々の打ちっ放し  その2 »