« フェイスブックにて | トップページ | 北方領土問題 »

誰が猫に鈴を付けに行くか

 ここのところ、みんなストレスが溜まっている。暑さもそうだし、色々とある。私の大学時代の友人には金持ちになった奴もいる。私は相変わらず貧乏だが、人の金は目当てにしていない。それをやったら、終わりだと認識している。金持ちには金持ちの悩みがあると考えるからだ。貧しくても、幸せになれる方法を模索し続け、現在では惑ってはいない。不惑である。既に天命も知った気がする。こう書いたら、自惚れかも知れぬが・・・昨晩、深夜三時に携帯が鳴った。幸い起きていたのだが、『Katsu』の店長からだった。時間帯的に観ても、彼も悩みの塊であることが解る。『残暑の会』の幹事として、日程が二つに割れてしまったので、店長と話し合って決めることにしたのだ。件の事に関しては、すぐに話が着いたが、私も酔ってはいたが、本音を話した。店長は草加で終わる様な人間では無いことを承知の上でこう言った。「本当の友達だと思うから、あえて言わせてもらうけれど、赤坂に店を出せ、なんて言っている奴等は本当の友達じゃあないぞ。お前が失敗して借金背負ったら何の責任も取らない奴だらけだ。そこの所をよく考えた方がいい」と。私は、草加を往復するだけで交通費に七はつかっている。それでも、構わないのだ。店長の料理の腕もみんな知っている。その上で言ったのだ。明るく笑って、いつでもゴルフでもやりたいのだ。だから、言った。その為に友人から借金してまで店を出すのは言語道断・・・カネほど人を狂わせる材料も無い。あえて、諫言したのだ。もちろん、彼のためを思って。自分自身も相当に傷ついた経験があるから・・・私は一番無力なネズミである。翌日、私の弟が生意気なことを言ったので、殴り飛ばした。本当に彼のことを考えているからである。How dose it feel?という様な気分だ。

|

« フェイスブックにて | トップページ | 北方領土問題 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/60141787

この記事へのトラックバック一覧です: 誰が猫に鈴を付けに行くか:

« フェイスブックにて | トップページ | 北方領土問題 »