« 喪中の葉書はどうしよう? | トップページ | 父の墓に祖母の死を報告 »

W杯初戦日本敗退のA級戦犯は本田だ!!  

 日本代表のW杯の初戦敗退の要因は多々あるだろうが、キックオフ直前に司令塔の本田がワントップのFW大迫に右を指さし、何か指示して、大迫がOKと言った映像があった。私は本田が大迫に相手の右サイドについて何か言っているのだと思った。しかし、フタを開けてみれば、本田が何故か右のFWの位置に入り、ツートップになっていた。ザッケローニ監督の指示かと、不思議に思っていたが、本田の独断で監督の指示に従わなかったのだと私は考える。前半飛ばして1点こそ決めた本田だが、香川と岡崎と大迫が全く機能していなかった。これでは8人対11人で試合をしている様なものだ。当然、組織だった攻撃など出来ず、押されっぱなしだった。ハーフタイムに何を話し合ったのか知らないが、前半飛ばしすぎた本田の足が後半止まる。攻撃の起点である司令塔の役割を任されていたはずの本田のワンマンプレーで、他の選手は何をどうしていいのか既に解らなくなり、最初から最後まで混乱していた。司令塔がそんな真似をするから、みんな個人プレーに走った。結果、守備が下手な香川が途中交代し、ワントップのスーパーサブだったはずの大久保も機能せず、監督が本田のプレーに合わせる様な形となり、負けるべくして負けた。ザッケローニ監督の試合後の悲しそうな表情が全てを物語っていた。キャプテンの長谷部も、言葉を選んでいたが、内心、ただならぬものがあったであろう。ネットのニュースを見ても、選手全員、自分達のサッカーが出来なかった、というコメントが多かった。何故か、本田のコメントだけは載っていなかった。確かに相手チームのマナーも悪かったが、押されっぱなしで、ザッケローニ監督の下、四年間積み上げてきた物が全く生きず、選手間の信頼関係にもヒビが入る、最低の負け方だった。

|

« 喪中の葉書はどうしよう? | トップページ | 父の墓に祖母の死を報告 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/59822799

この記事へのトラックバック一覧です: W杯初戦日本敗退のA級戦犯は本田だ!!  :

« 喪中の葉書はどうしよう? | トップページ | 父の墓に祖母の死を報告 »