« パソコンを難しく考えすぎていたな | トップページ | おっちゃんのコロッケとメンチカツ »

産まれくる命・去りゆく命

 パソコンのトラブルで久方ぶりに友人二人に電話した事には触れたが、その際、一人の友人は、晩婚であったが、一人の子宝に恵まれた。二歳七ヶ月の娘さんである。可愛くて仕方が無い時期なんだろうなと想像していたが、彼が去年、喪中だった事を忘れていた。奥さんの親父さんだと認識していたが、亡くなったのは奥さんのお兄さんで、45歳の若さで急性心筋梗塞だったそうである。私はねぎらいの言葉をかけたが、奥さんの御両親が相当ショックを受けたそうである。心中悼み察しいる。若い命が散るというのは、いつ聞いても悲しい。私も祖母を今年一辺に二人亡くしたが、年相応の散り方だったので、残念だったが、ショックは一過性のものだった。これで彼とは二年連続で年賀状のやりとりがなくなることにもなる。接点を失わない様にしなければ。お悔やみ申し上げる・・・散りゆく命がある一方で、新しい命の誕生もある。もう一人の友人は、跡継ぎの男の子が産まれて、やはり、可愛くて仕方が無い様子だった。電話越しに赤ん坊の泣き声を聞かせてくれたので、思いっきり、「ベロベロベロバー」などと、あやしてあげると、なぜか泣き止む。大きな声で泣く、元気のいい赤ん坊の声を聞くと、少し癒やされた・・・『ああ、この子は命そのものなんだな』と感じざるを得なかった次第・・・二人の友人との会話を通じて、命について改めて考えさせられた。『祝福の中に産まれた命ならば、皆が幸せであれ!!』と。自分にも重ね合わせてみると、親への感謝と、自分の命をいい意味で大切にする意識、が蘇ってきた。

|

« パソコンを難しく考えすぎていたな | トップページ | おっちゃんのコロッケとメンチカツ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/59861714

この記事へのトラックバック一覧です: 産まれくる命・去りゆく命:

« パソコンを難しく考えすぎていたな | トップページ | おっちゃんのコロッケとメンチカツ »