« 友人の帰還 | トップページ | 産みの苦しみの共有意識 »

スイッチを切り替える

 サッカーのW杯日本代表の第二戦が本日ある。初戦に負けた後、中四日で調整が利くとは思えなかったが、翌日、街を歩いていて、道行く人達の歩き方を観察していると、本当に日本国中がしんみりしていた事を肌で感じた。だから、代表チームは、第二戦、意地でも勝たなければならない試合である。敗因は選手達が一番よく解っているだろう。現代サッカーの主流となったパスサッカーで一世を風靡したスペイン代表が1次リーグで予選敗退する中、やっぱりスポーツにはフィジカル面も重要なのだと考えさせられた。しかし、ザッケローニ監督が目指したサッカーは単なるパスサッカーではない。組織的でいて、かつ、超攻撃的なパスサッカーである。体格で劣る日本人が世界とやっていこうと思うなら、ザッケローニ監督のヴィジョンが日本の次のスタイルとしてふさわしいのは言うまでもない。初戦は四年前と同じサッカーをしてしまった。これでは、日本サッカー界の進歩は無い。そのことを一番解っているのは選手達だ・・・スポーツをやった事があるなら、誰だって、ミスをした経験があるはずだ。特に、サッカーの様な集団競技ならとりわけ悔しいし、迷惑をかけた申し訳なさを覚える。しかし、優秀なスポーツ選手になればなるほど、メンタル面でもフィジカル面でも、ミスの後の修正スイッチの切り替えが早い。特に、短期決戦では、この能力次第と言ってもいい。反省したり、後悔している暇など無いのだ。幸い日本の選手達はこの能力が高い。過去の例を見てもそれが判る。今日はどんなサッカーをしてくれるのか、勝ち負けよりも内容を中心に観てみたい。気負いすぎず、欲張りすぎず・・・難しいことだ。もしかしたら、今日の第二戦が日本代表選手達の真価が問われる面白い試合になるかも知れない。『こんなものか』で終わるのか、『初戦で失敗したのがよかったな』となるのかが問われるからだ。

|

« 友人の帰還 | トップページ | 産みの苦しみの共有意識 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/59844598

この記事へのトラックバック一覧です: スイッチを切り替える:

« 友人の帰還 | トップページ | 産みの苦しみの共有意識 »