« 俺の胃よ、どうしたんだ? | トップページ | 井の中の蛙 »

しあわせのかたち

 かつて、国民の幸福度が世界一だったブータンでは、貧しいながらも、TVもコンピューターも無かったため、家族の団らんを中心に、地域コミュニティが充実しており、農業を中心に、つつしまやかながらも、人間として有機的な生活が送られていた。しかし、時代の流れには勝てず、国王が、TVとネットを国民に許した。その際、国王は、「文明の利器に頼っていたら、必ず大きなしっぺ返しが来る事を忘れないように」と釘を刺す事も忘れなかった。その後、国王自らが王政を廃止し、国を民主化すると決め、国王の座を降りた。一度手に入れたものを自ら国民のために捨てる事は、なかなか出来る事ではない。名君である・・・案の定、国王の予言は的中してしまうのである。かつて、一家団らんを楽しんでいた家々に、TVがあるだけで、みんな黙ってTVを観ている。私はここに人間疎外の原点を感じる。また、街のネットカフェでは麻薬の密売までされていた・・・人間の欲にはきりが無い。金、地位、名誉に自分の中心軸を据えると、ロクな事が無い。自分の代は良くても、三代持たぬ。自分自身の中に自分よがりでない確固とした柱を作り、そちらを中心にしなければ、上手くは行かぬ。そういう自分になりたければ、若いうちから学問(机上の物とは限らない)に励み、見聞を広め、様々かつ優秀な人材と積極的に交わり、悩む事だ。それができたら、他人を嫉んだり、憎んだりする事が無くなる。何事にも感謝する気持ちが持てれば、必然的にその人は、いつか『しあわせのかたち』を見付けるはずだ。

|

« 俺の胃よ、どうしたんだ? | トップページ | 井の中の蛙 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/59761324

この記事へのトラックバック一覧です: しあわせのかたち:

« 俺の胃よ、どうしたんだ? | トップページ | 井の中の蛙 »