« 井の中の蛙 | トップページ | 時間の使い方 »

人間としての絆

 フェイスブック(以下FB)を読んでいて、今日は興味深い記事が多かった。その一つを挙げると、セルビア(バルカン半島・ヨーロッパ)で五月に大洪水が起きたそうだ。日本が支援している国の一つだが、日本で東日本大震災が起きた時に、平均月収が4万円程度のこの国から、1億九千万円以上の寄付金が日本赤十字社を通じて送られた事を知り、驚きを隠せなかった。すぐに寄付する気になり、母と弟も誘った。貧乏な家なので、三人で千円づつ出す事にした。微々たる額だが、もし、日本人の全員が同じ事をしたら、1000億円は集まるのだ・・・災害の際、一番いいのは自発的にボランティアに赴く事である。10年ぐらい前、福井の洪水の際、ボランティアに行ったが、いろいろと考えさせられて、自分のためにもなった。ちなみに、私は福井とは縁もゆかりもない。ただ、自分の中の何かに突き動かされた。ボランティアに行きたいけれど都合が悪い場合は、できるなら、お金を寄付するしかない。それも、自分の出来る範囲でいいのだ。できないなら、祈るしかない・・・ボランティアに興味が無いという方もおられるだろう。それは個人の自由だ。何も言う気は無い。ただ、子供にでも出来るボランティアがある事を忘れてはならない。それは、バスや電車などで、お年寄りに席を譲る事だ・・・私達は、あらゆるコミュニティの中で生きているのではなくて、生かされている事を知らなければならない。自分や身内だけの事ばかり考えていてはいけない。みんなが協力し合い、助け合ってこそ、あらゆるコミュニティというものは、より良い方向へと働く。チームスポーツなどがいい例ではないか。様々な問題や矛盾が森羅万象にはある。その中で、人間が人間だけの事を考えても良くないが、最低限、人間同士の問題を人間が人間としての絆のもとに、より良くしない限り、先に進めないどころか、待っているのは、近い将来での破滅である。

|

« 井の中の蛙 | トップページ | 時間の使い方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/59772882

この記事へのトラックバック一覧です: 人間としての絆:

« 井の中の蛙 | トップページ | 時間の使い方 »