« ゴルゴ13のキャラ立ちとタブー | トップページ | 摂酒量報告委員会 »

ゴルゴ13の傾向と対策

 初めのうちこそ、何気ない殺しが多かったゴルゴ13だが、ゴルゴの生い立ち話などが数回登場したりする。結局、ゴルゴの生い立ちや目的は藪の中なのだが、他にも、狙撃の腕前を披露するために、新式の銃を持った他のスナイパーと対決させたり(ゴルゴのバナナシュートみたいなシューティングもあった)している。また、冷戦時に連載が始まった『ゴルゴ13』は、圧倒的にそのネタが多かった。冷戦崩壊後はゴルゴはどうなるんだろう?と勘ぐった私は、杞憂に終わった。いつの世もどこかで何かが起きている以上、不滅なのである。作者のさいとうたかをは、怪しい殺しは、実在の人物にまで手を付けるようになった。具体的には、冷戦崩壊後の民主化運動のデモの中、ルーマニア元大統領チャウシェスクの銃殺映像が世界に流れたが、ゴルゴ13の世界では、あれは実は影武者で、本物がヘリでソ連に逃亡しようとした所をゴルゴが狙撃したという無理な設定。また、ダイアナ妃事故死も、もう一人の殺し屋が車のブレーキに細工を施し、パパラッチが来る前にバイクで追走してリモコンでブレーキが利かない状態にし、事故を起こさせるのだが、このバイクを追走していたゴルゴは事故現場で恋人のドディを殺し、ダイアナは観ただけで間もなく死ぬと見抜き、もう一人の殺し屋も追いかけて始末する、という設定。無茶苦茶である。このあたりから、『ゴルゴ13』という漫画は、国際問題になるのではないか?と疑念を抱き、無茶な設定が馬鹿馬鹿しくもあり、私は読むのを止めた。しかし多分、フセインや金正日やビン・ラディンを殺したのも、ゴルゴという事になっているのだろう。9.11で、相当ネタを作っただろう事も容易に想像がつく。作者は現在、ウズベキスタンに注目しているのではないだろうか・・・怪しい殺しはないか、と。読者は、現実に怪しい殺しがあったら、しばらく経ったら、『ゴルゴ13』のネタにされていないかチェックしてみるのもよかろう。

|

« ゴルゴ13のキャラ立ちとタブー | トップページ | 摂酒量報告委員会 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/59738801

この記事へのトラックバック一覧です: ゴルゴ13の傾向と対策:

« ゴルゴ13のキャラ立ちとタブー | トップページ | 摂酒量報告委員会 »