« 弥吉が殺人犯!? | トップページ | 禁酒はどこまで続くか »

弟との生活の傾向と影響

 弟が会社から実家に帰ってくるようになって、約一ヶ月半が過ぎた。その間の傾向と影響を考えてみた。朝の五時に起きて、朝食を採り、身だしなみを整えてから、「行きたくねえ!!」と言って、六時に出勤。バイクで通いだしてから、やたら雨の日が多いので、『雨男なのではないか?』と密かに疑っている。ちなみに母は四時半起きで弁当造り。夜型の時の私は、その母を起こしに向かう。ほとんど徹夜だ。帰宅は、おおよそ七時半頃。シャワーを浴びて着替えたら、食事の時間。必ずTVを観る。最初は嫌だったが、『こいつも疲れて帰ってきているんだし、気分転換がしたいんだろうな』と、黙る事にした。朝は先手を打ってNHKを点ける・・・また、弟は、夜中に腹が減ると、冷蔵庫から食物を物色し、天才的な嗅覚で、好物を発見する。『ゴキブリみたいな奴だな』と考えると面白い。もちろん、好物のスナック菓子のありかは、台所の何処にあるのかも、来てからすぐにチェック。ポトチップス一缶を十五分で食べる強者・・・しかしながら、三食きちりとお袋の飯を食べ、スナック菓子やお袋が作ったケーキなどを間食したため、来てから10Kg体重が増えたらしい。食事の量は、それ程、多くないので、やはり、間食が原因だろう・・・何はともあれ、弟が来てから家が明るくなった。よろしき事である。

|

« 弥吉が殺人犯!? | トップページ | 禁酒はどこまで続くか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/59683839

この記事へのトラックバック一覧です: 弟との生活の傾向と影響:

« 弥吉が殺人犯!? | トップページ | 禁酒はどこまで続くか »