« 弟との生活の傾向と影響 | トップページ | チーズケーキを食べてみて »

禁酒はどこまで続くか

 風邪を引いたのと、食欲不振が続いたため、去年の十二月に一週間禁酒をして以来、再び禁酒をしている。今日で丁度、一週間である。禁酒して三、四日経つと、食欲が出てくるから不思議だ。自然と風邪も良くなる。肝機能も復活するので、一石三鳥といったところか。前回は一週間で止めてしまったのだが、今回は、出来るだけ長く続けようと決めている。最高で三ヶ月禁酒した事があるが、私の場合、禁酒中は、たとえ誰かがお酒を飲んでいたとしても気にならない。欲しいとは思うが(現に、このblogを書く前の仮眠の際、缶ビールを口に近づけている夢と共に目覚めた)、無くてはならない物ではないし、冷えたウーロン茶を飲んでいれば充分。ただ、外で誰かと飲む時には、私一人飲まないと場がしらけるので、飲もうかとは思う。禁酒する度に気付くのだが、飲むと睡眠時間が長くなる。本を読んでいても次の日になったら内容を忘れてしまう、喜怒哀楽が激しくなる、時間を無駄遣いする、などの、よろしくない点が浮き彫りになる。これでは人生がもったいない。しかしながら、まるっきりお酒が飲めない人も、人生で損をしている気がする。これは酒吞みの理屈だが。まあ、呑める呑めないにかかわらず、物事には分別が必要だという事であろう。

|

« 弟との生活の傾向と影響 | トップページ | チーズケーキを食べてみて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/59689184

この記事へのトラックバック一覧です: 禁酒はどこまで続くか:

« 弟との生活の傾向と影響 | トップページ | チーズケーキを食べてみて »