« 『アレ』を待つのです | トップページ | こんな日もあるさ »

仮面の理由

 物事が全て上手く行く人生などない。たとえどんな人生を歩んでも。仏教でいうなら四苦八苦に泣かされる。そんな時、人は悩む。やがて、それを己の日記帳に書き下して、心休める。そうして人生を渡って行く。しかし、そういうことにハマってしまった人間は、やがて物書きとなる。私もそうであった。エンジンが好きで理系の機械科に行ったが、物書きの道を選んで、院の二年の時に大学を辞めた。それから、無職、つまりは金を稼いでいないという辛さと、正面から向き合った。しかし、幸い、私には友達がいた。大学時代の友達は皆、社会不適応者である。今の社会がおかしいのだ。みんな大学でピンを張りながら、サラリーマンにはなって行かなかった、というより、行けなかったのであろう。物書きを選んだ私もそうだ・・・物書きの世界とは恐ろしい。まず、アイデアが浮かばなくても〆切りが絶対であること、これは地獄道だ。大江健三郎が『アレ』という通り、一種のそう状態にならなければペンが走らぬ事、この時、物書き達は自分自体の世界へと浸る。その快感を覚えてしまっては、麻薬みたいに抜け出せないのである。当然、そう状態の反動として、うつ状態が来る。私は、それをごまかすために、馬鹿みたいに酒を飲むか、長時間の眠りによってごまかしている。確かに、書いてる間は興奮する。しかし、その時は、車で言えば毎回レッドゾーンまでアクセルを踏んでいるのと同じ状態なのだ。私は真剣にこのblogと向き合っている。やりがいも感じている。いつ、自分がくたばってもいい覚悟も持っている。こんなにつまらない文章でも、私にとっては、たった一つの誇りなのだ。

|

« 『アレ』を待つのです | トップページ | こんな日もあるさ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/59592128

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面の理由:

« 『アレ』を待つのです | トップページ | こんな日もあるさ »