« 何で神奈川には、旧帝大がないんだ | トップページ | 親友からのショートメイル »

北へ北へと・・・

 かつて、NHKで、『国家の品格』でご高名なる藤原君が数学者の話をしていた時、天才とは美しい風景の元に育っているんだ、と力説していた。かつて母とケンカした際、起きたら、『二泊ぐらいで五色沼にでも行かない』という置き手紙が置いてあった。早朝に起きた私は、すぐに母を起こし、出陣の支度をした。朝早かった。お袋は東北に行ったことがない。私は、一気に花巻まで行くつもりだった。あまりに疲れたので、今日はホテルでもいいかい?と聞いた。いい、と言うので、PAのコンビニで、宿の雑誌を要求した。そして、二人で話し合って、宿が決まった。独り旅の時にはユースを使うのだが、さすがに親子連れだとユースは使いにくい。ホテルに入ると、仲居さんが挨拶に来た。おひねりを渡して、受け取った瞬間に、私が宮澤賢治記念館の開館時刻を聞いた。そうして朝一番に朝食を採り、速攻で向かった。私は三回目なので、お袋を案内する役に徹した。案の定、朝食をたんまり食べたツアー軍団が私達の後にやって来た。それから車を出した私は、「いい所に連れて行ってあげるよ」と言い、賢治先生の家へと向かった。穴場なのである。お袋も大層気に入ってくれ、花巻って町が、宮澤賢治みたいな人を育てたっていうのが解る気がする、と言っていた。それを聞いた私が一言、詩集は解るのか?と聞いたら、解らないという始末。開いた口がふさがらなかった。

|

« 何で神奈川には、旧帝大がないんだ | トップページ | 親友からのショートメイル »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/59639896

この記事へのトラックバック一覧です: 北へ北へと・・・:

« 何で神奈川には、旧帝大がないんだ | トップページ | 親友からのショートメイル »