« ゴーストタウン | トップページ | 月に祈る »

懐刀(ふところがたな)

 母はとろい。だから、私のことを家族の中でも、懐刀として重宝していると言う。私も期待に応えたいと頑張る。母曰く、私は人の気付かない所まで気づき、戦略を練り、自分を助けてくれているそうだ。弟が来ても変わらない。私は本音でものを言う・・・しかし、そんな私が先日、母に説教した。弟は隣の部屋で寝ていた。昼は母の愚痴ぐらいなら我慢できるが、感情的にも言葉的にもひどいことを言われ、夜は弟の我が儘と私に対する蔑視の念に堪えきれなかったからだ。私は、本気で怒った。夜中に。勿論自分の私利私欲などは捨てて、真剣に怒った。三時間以上怒り続けた。母は何も言えなかった。自分を捨てて、母のために怒ったからである。私が怒ると、本気で怒る。必然的に声もでかくなる。近所迷惑だと思ったが、そんなことは関係ない。ひたすら説教する。怒ったというより、しかったったのかも知れない。それは、弟に対しても、示しを付けるためでもあった。一段落して、夜中に弟が起きてきたが、私には何も言わなかった。この家で生活していくための最低限のことが解ったのだろう。何も言わなかった。私は起きてきた弟に、金を貯めろと言った。現金のみで生活していくことが、どれだけつらいか解っているからだ。弟も黙っていた。その後、弟が仕事に行った後、しこたま酔っ払った。自分が嫌になったからだ。そして寝た。しかし、次の日から弟は我が儘を言わなくなった。母もしこたま懲りたそうだ。やさしい。半分本気で半分誠実に母と弟を諫めたのである・・・後日、母が、やっぱりあんたは私の懐刀やねえ、と言った。私は、恐悦至極に存じます、と笑って応えた。

|

« ゴーストタウン | トップページ | 月に祈る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/59418967

この記事へのトラックバック一覧です: 懐刀(ふところがたな):

« ゴーストタウン | トップページ | 月に祈る »