« おぎのやの釜飯 | トップページ | コネについて »

STAP細胞

 三十の女の理化学研究所の研究員が、STAP細胞について発表した時には、驚いた。ips細胞と共に、研究しあおうと、京大の山中教授からも打診があったそうだ。しかし、実像が解れば解るほど、化けの皮がはがれた。名誉欲だけだったのだ。論文や写真は写しで、オリジナリティが全くなかったのである。私は、それを知るまで、日本人女性初のノーベル賞受賞者が現れるかも知れないと思っていた。裏切られた。大体、理系の論文で嘘をつくことは許されない。論理で成り立っている学問だからだ。ましてや医学系の論文だと絶対に許されない。命に関わるからだ。やってはいけないことを、やったコイツは研究者の資格がない。理化学研だけで無く、つまはじきにされるだろう・・・研究というのは怖い物で、認められなければ価値が無い。そこで重箱の隅をつつく様な研究ばかりしていたら、勘違いしてしまうのだ。それが自分のオリジナルであると。勘違いが積み重ねられれば、本当に自分が成し遂げたと思い込んでしまうのだ。研究の世界とは、それほど狭いものなのだ。日本の学会だったらごまかせるかも知れない。しかし、世界では違うのだ。実際に日本の学会でハンコをついた奴もいると聞く。そいつらみんな、やめさせろ。

|

« おぎのやの釜飯 | トップページ | コネについて »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/59335277

この記事へのトラックバック一覧です: STAP細胞:

« おぎのやの釜飯 | トップページ | コネについて »