« 食えない四大野菜 | トップページ | 弟の襲来 »

消費税5%最後の日

 四月の一日から消費税が8%に上がる。今日が5%最後の日ならば、何か買い忘れた物は無いかと考えてしまう。いろんなものが頭をよぎるのだが、結局、何も買わないのが一番いいことに気付く。まあ、生活必需品は仕方がないが・・・しかし、8%に上げたら、またデフレになる恐れがある。いや、必ずなるとみている。国民もバカでは無いから、金を使うよりも貯めるであろう。当然、景気は右肩下がりになる。しかも、今年の十二月から10%に上げるタイミングを計る相談が為されるそうだ。しかしながら、中国でも既に消費税を17%取っている。まあ、隣の国のことは、どうでもいいのだが・・・赤字国債のことも考えなければならない。東北の復興のことも考えなければならない。社会福祉も年金もメルトダウンを起こした原発のことも考えなければならない。現在この国は問題が山積みである。一つ一つを解決すべく、実行して行かなければならない。子孫の代まで貸りを作ってはいけない。政府は増税する代わりに、何にいくら使ったのか、本当のデータを国民に報告する義務がある。政治家および官僚は自分達の給与を下げる義務がある。国民だけに背負わせるのはおかしい。

|

« 食えない四大野菜 | トップページ | 弟の襲来 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/59384543

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税5%最後の日:

« 食えない四大野菜 | トップページ | 弟の襲来 »