« ばあちゃんの死 その2 | トップページ | ばあちゃんの死 その4 »

ばあちゃんの死 その3

 ばあちゃんは直葬となった。母は見舞いに行ったので母には「最後の親孝行ができたね」と話して、最高の功徳だよ、と語る。そして、ばあちゃんに、「何か欲しいものある?」と聞いた所、「写真が欲しい」と言ったので、独り旅主義者の私と母が十和田湖の乙女の像の前で撮ってもらった唯一のの写真を速達で送った。写真を見た祖母は喜び、数時間後に体調が急変したそうだ。本当の危篤状態となって、おば様がお袋に電話を掛けてくれた。お袋は叫んでいたが、その度にペ-スメーカーの波が上の方に動いたそうだ。要するに母に最後を譲って頂いたのだ。それから私は、胸にぽっかりと穴が空いてしまった。あんなに強欲なババアでも死ぬ直前に、母にしたことと、私が言った事の意味が解ったのだな、と気が付いた。それは、ある意味、解脱したという証拠である。だから、あんなに私と母の写真を欲しがったのだ。たった一枚しかない写真を送った価値が、そこにはある。

|

« ばあちゃんの死 その2 | トップページ | ばあちゃんの死 その4 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/59234938

この記事へのトラックバック一覧です: ばあちゃんの死 その3:

« ばあちゃんの死 その2 | トップページ | ばあちゃんの死 その4 »