« 齢四一にして | トップページ | ばあちゃん余命一ヶ月 »

つらい、つらい、つらい、と嘆く前に

 今日の僕のblogは、『つらい、つらい、つらい、心が引き千切れそうだ』で済ます予定だった。しかし、友人達のフェイスブック(以下FB)を観て、少し考え方が変わった。直接的でなく、間接的にでも、彼等は前向きで、私を笑わせてくれたり、読んでいるうちに、元気をもらった。みんな必死で生きているのが解った。そうこうしているうちに、自分なんてどんなに狭い了見だったんだろうと気付かされる。中高時代、必ずしも仲が良い友達ばかりではなかった。でも、それについては考えない様にした。だから、私のFB友達は、男ばっかりである。しかも、結婚している奴ばっかりだ。子供の写真もよく観る。私は四十を超えてから、他人に対して『嫉み』という感情を徹底的に省くことにした。不思議なもので、そういう人生観を持ったら、人の喜びが自分の事の様に喜べる様になったのである。こんなに嬉しいこともない。四十代にもなれば、多かれ少なかれ、みんな人生の辛酸をなめている。だから、許すし、気軽にFBなどでなんでも書いてくれるのだ。それでも悔しいと思うことはたくさんある。でも、みんながそうなんだな、と分かち合える所にFBの価値がある。使い方はよく解らないし、一日に一度しか開かないそれでも、価値があるのだ。しかし、悪徳商法に使う輩もいるのも事実である。私は何回かぶち当たったが、FBで数十万のカネを儲けている奴など信用しないし、相手にもしない。ただ、かわいそうな奴等だな、とは思う。FBなどで安易にカネを得る手段に長じるほどに、そいつらが滅びていくのが解るからだ。間違ったカネの掴み方をしたやつらは、それがなくなると、どうしようも無くなるからだ。

|

« 齢四一にして | トップページ | ばあちゃん余命一ヶ月 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/59176580

この記事へのトラックバック一覧です: つらい、つらい、つらい、と嘆く前に:

« 齢四一にして | トップページ | ばあちゃん余命一ヶ月 »