« ばあちゃん余命一ヶ月 | トップページ | 帰郷のススメ »

ハクがつかんやろ

 母の弟に当たる叔父さんの子が、今、現役で大学受験に立ち向かっている。受かった大学は東海大の工学部ということである。叔父さんは、困ったら内の会社にくりゃいいんじゃけえ、と気軽に構えているが、私は地方と首都圏のギャップを感じざるを得なかった。地方の受験生は首都圏と比べて、遙かに洗練されていない。青山も落ちたとのこと。まあいい。私も現役の時は、全部スベッたのだ。親に土下座して一浪させてもらった。その代わり、現役で受かった友達連中から、ありとあらゆる参考書を貰って、宅浪した。高一の時に、親に一年分の予備校代を払わせて、通わなかったのが原因である。私が数字を稼ぎ出した頃、上智と青山は、最初っから願書を出さなかった。理系として設備などが欠けているという情報を握っていたからだ。親も何にも言わなかった。ありがたいことである。数学塾の先輩は、ネームバリューに溺れ、をれ以上の大学には受からなかった。そいつは私の高校の先輩だったが、『こいつ、俺よりも阿呆だな』と思った瞬間に講師の先生が私の立場も考えてくれて、年下の私を叱られ役にしていることが解っていたので、黙って叱られた。その代わり、最後の授業では、講師の先生は、そいつのことを完膚なきまでボロクソに言っていた・・・もし一浪するのなら、私よりも上を行って欲しい。このままじゃあ初孫の私が一番の学歴を身につけてしまうからだ。心より祈っている。

|

« ばあちゃん余命一ヶ月 | トップページ | 帰郷のススメ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/59189524

この記事へのトラックバック一覧です: ハクがつかんやろ:

« ばあちゃん余命一ヶ月 | トップページ | 帰郷のススメ »