« 新年会 2014 その5 | トップページ | 洗濯機のリコール情報 »

新年会 2014 その6

 弁護士兼弁理士の友人は、本当に親身になってくれた。いろんな事を話したが、一番強調していたのは、これ以上、甘やなかすなということ。その話をしている時には、私と彼の二人組と、その他の三人で話が別れた。話を聞いてくれた友人に礼を言い、折角の会なのに、辛気くさい話をしてごめん、とみんなに謝った。『Katsu』の店長が、私の馬鹿話や、自分の馬鹿話などで、場に景気をつけてくれる。冗談半分のウソもあったので、「それはない。お前、調子に乗りすぎや」などとツッ込んでいた。宴の最後は、ケーキかアイスクリームという話だったので、店長がアイス好きなのを知っていた私が真っ先に「アイスクリーム!!」。みんなそれでまとまった・・・時間になり、店長が駅まで送りに来てる中、みんな改札越しに、「ごちそうさま、そして、ありがとうな」と言って手を振った。電車で途中までは四人だった。コンピューターで食っている友達に、「電車のダイヤグラムが乱れた際、修復するプログラムはあるのかい?」と聞いたら、「それはない。管制室からの人力なんだ」との応え。その後、途中駅でみんな別れるのだが、弁護士兼弁理士の友人と二人きりで二十分ぐらい話す時間があった。彼は、私に念押しすると共に、会の経緯を尋ねてきた。私は、手短に伝統や人間関係を説明。すると彼が納得。乗換駅に着いたので、握手を交わして独り家路に就いた・・・家に着くと、母は私のいない隙に、弟が我が家に来ることを勝手に受諾した旨を話しので、「これ以上、あいつを甘やかしたら駄目だ」という、友人のアドバイスを元に対立。すると、いきなりの携帯のコール。驚いて取ると、『Katsu』の店長だった。なんでも、スクーターで帰るために、それまで二時間サウナに入っていたとのこと。私が無事帰った報告をし、お礼を言った後に、このネタの『その1』をこれから書く所だ、と言って、お互いきついな、みたいな話をして終わった。店長の優しさに触れた様な気がして、翌日には、いつも通り、『お疲れさまメール』をみんなに出した。

|

« 新年会 2014 その5 | トップページ | 洗濯機のリコール情報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/59084513

この記事へのトラックバック一覧です: 新年会 2014 その6:

« 新年会 2014 その5 | トップページ | 洗濯機のリコール情報 »