« えっ・・・ | トップページ | 毎日毎日僕らは鉄板の~ »

”うつ”の特効薬

 昨日の昼、ある友人から電話があった。寝ていたので、最初は、大学時代の友人と勘違いした。中高時代の友人だったのである。目が覚めるにつれて、いろいろと話をしたが、うつ状態で、会社を休んだらしい。昼から酔っていたので、深刻だなと感じた。そこで、私は、まず、自分の飲んでいる薬について語った。「俺も精神安定剤飲んでいるけれど、内科では胃薬に使われるそうだ。他二錠は、小便止め。あと二つは抗うつ剤かなあ」と話し、それ程効き目が無いことを話した。「医者が薬だって言ったら、小麦粉でも利くらしいじゃあねえか」と。彼は笑っていた。うつになった経験のある私は、うつを治すには、よく食べて、よく飲んで、深く眠ることが大切なんだよ、と語った。続けて、「ユウウツなんだろ?」と聞いたら、「そうだ」と言う。すかさず私は、「あのなあ、ユウウツとうつでは症状がまったく異なるぞ。”うつ”っていうのはどこまでも沈んでいく感じで、底が見えない。けれど、憂うつというのは、”うつ”を憂うって書くだろ。その分、前向きなんだ」と話した。魂は死んではいないことを強調したのだ。ゲーテの『若きヴェルテルの悩み』が発表された当初、当時のドイツではヴェルテル病というのが流行り、若者の恋愛自殺が(片思いかもしれないが)起きたそうだ。小林秀雄は、「そんなことは、ゲーテの耳には届かなかったであろう。独り模索を続けた雰囲気が伝わる」と書いてある…いかなる道でも、斬新な好奇心と決して弱音を吐かぬ逞しさが重要だと考えさせられた一日であった。

|

« えっ・・・ | トップページ | 毎日毎日僕らは鉄板の~ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/58915977

この記事へのトラックバック一覧です: ”うつ”の特効薬:

« えっ・・・ | トップページ | 毎日毎日僕らは鉄板の~ »