« 『ちゅらさん』を観て | トップページ | 精一杯のおめでとうを »

投資家と投機家の違い

 先の選挙で、自民党が勝ち、何故だか解らないままに、安倍が首相に着いた。先ずここに、疑念が残る。おそらく、民主党時代に、決められていたことなのだろう。闇の中で動いたということだ。国民は、まず、それに、『Why?』ということから疑問をぶつけなければならない。訳の解らない『アベノミクス』によって、円安、株高がもたらされたが、少なくとも私は、これを、『安倍バブル』と呼びたい。砂上の楼閣なのだ。春闘では、主に輸出関連の企業がベアアップを承認している。それに比べて、お年寄りや貧しいものは死ね、という政策は如何なものか?完全に政府がそういう大号令を掛けているのだから、この国も老年化したのだなと考える・・・だったらバブル時代の『ふるさと創生金』とは何jだったのか?一村落ごとに一億円ずつみついだあの金は何処へ行ってしまったのか?バブルの竹下登君が首相になった頃にやられた政治戦略だ。当時、幼かった私も、赤字国債のことは知っていた。アメリカの国債を・・・という友人もいたが、納得が行かない。ましてや、今のアベノミクスなど、一時的なバブルだ。経済面に於いては。基盤の無いバブルなど、一瞬で吹き飛ぶ。昔のバブル時代にいい汁を吸っていた奴等が、一晩で借金王になった。株式投機家の連中は、一瞬にして無一文どころか、借金王・・・あれから何年も考えたが、『投資』と『投機』の違いについては学ばせてもらった・・・また、アルゼンチンの通貨が下落し、連鎖反応を起こしているとか。掛ける言葉が無い。

|

« 『ちゅらさん』を観て | トップページ | 精一杯のおめでとうを »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/59028866

この記事へのトラックバック一覧です: 投資家と投機家の違い:

« 『ちゅらさん』を観て | トップページ | 精一杯のおめでとうを »