« 小泉、なんでお前が出てくるんだ!! | トップページ | プチ忘年会 その1 »

オムライスを作ってみて

 六年ぶりに厨房(家の台所)に立った。友人達が単身赴任などで、一番苦労しているのが食事についてだと解ったからである。外食をすると余分なお金が掛かるし、何が入っているか解らない。前に自炊したのは、親父が生きていた頃に母がくるぶしを複雑骨折し、半月間、自炊していた。親父と買い物に行き、二人でお袋に書いてもらったレシピノートを見て作っていた。ごくごく簡単な物ばかりだったが・・・初めて自主的に料理をしたのは中学生の時で、カレーライスを作ってみた。包丁などさわったことも無かった。だから、ジャガイモの芽を取り、皮をむくと、大きさが半分になっていた。それでも、家族のみんなは、「おいしい」と言って食べてくれた。親父が釣り好きだったので、釣ったニジマスのはらわたの取り方も、お袋の見よう見まねで覚えた・・・お袋は神戸の短大の家政学部食物科だったこともあり、一通り手の込んだ料理も出来るのだが、四十頃から、簡単にそこそこの料理を作る(手を抜く)必殺技を身につけていた。私に、「作り方は簡単だから」と言って、タマネギと鶏のもも肉とを用意させた。たまねぎの皮をむき、スライサーでみじん切り風にして、鶏肉を包丁でカットした。その間にご飯をボウルに入れ、ケチャップを取り出す。鶏肉をフライパンに乗っけて塩コショウしながら充分火を通し、タマネギをと混ぜる。頃合いになって、ご飯を入れ、ケチャップを適量加える。そしてまた混ぜる。焦げない程度になったら中身の出来上がりである。次に、外側のタマゴだが、お袋が「タマゴ三つ」と言うので、割って、混ぜ、加熱した別のフライパンの中に放り込んだ。やはり、適度なところで先程のケチャップライスを半分に載せてひっくり返す。簡単なものだった。私は三倍時間が掛かったが、お袋はこれを十分ぐらいで作ると言う。手抜き料理なのだが、うまかった・・・それにしても、昔に比べて、便利な料理道具が増えたものだ。「これを覚えたら、タマネギをスライスしたら親子丼になるし・・・」と五品ぐらい挙げてくれた。お袋も長年主婦やっていないな、と感じた次第。

|

« 小泉、なんでお前が出てくるんだ!! | トップページ | プチ忘年会 その1 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/58826862

この記事へのトラックバック一覧です: オムライスを作ってみて:

« 小泉、なんでお前が出てくるんだ!! | トップページ | プチ忘年会 その1 »