« ソエちゃんとクリスマスイヴ~山下達郎編 | トップページ | 小泉、なんでお前が出てくるんだ!! »

恋をすると誰でも詩人になれる?

 某ネットのページで、『恋をすると誰でも詩人になれる』と書いてあったのに疑問を感じた。そりゃ、誰だって恋をすれば何らか思う事は確かだ。しかし、文章に出来るだろうか?ましてや詩に出来るだろうか?・・・そんなに甘いものでは無いと考える。大人になっての初恋の時、私は日記を付け始めた。とても悩んだ思い出を整理するために。けれど詩は書けなかった。世の中には、どうでもいい詩などたくさんある。大した研鑽も積まずに書いている詩が多すぎる。詩とは書こうと思って書けるものではない。何らかの原因で激しく魂を揺さぶられたときに、自然と出てくるものなのだ。恋は確かに魂を揺さぶる事件かも知れない。ゲーテは八十歳になっても恋をし、詩を書いた。しかし、そんな人は特別なのである。凡人が詩を書こうと思ったら、ひどい努力がいる。人生経験、感受性、文章力・・・数え切れないほどの試練がいる。このblogでも、私が詩を書くことは滅多にない。どれも、駄作だと思う。唯一気に入っているのは、『つむぎ』という詩だけだ。かなわぬ恋心から生まれたものだ。ある時、親身にして下さった占い師さんが、世間話をしていた時にはっきりと僕に言った。詩を見せてもいないのに、「詩では食べてはいけません」と。院の時の友人にも言われた。「お前、授業中、詩集を読んでるだろ。俺には解らない世界なんだ」とも。どっちも骨身にしみた。どうしようもなく哀しかった。父方の亡きじいちゃんは、詩集を持っていた。俳号も持っていた。時々いいのが出来ると、投書し、度々新聞に載ったらしい・・・詩が解るためには、そのバックグラウンドを知らなければならない。短歌、俳句だってそうだ。

|

« ソエちゃんとクリスマスイヴ~山下達郎編 | トップページ | 小泉、なんでお前が出てくるんだ!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/58815925

この記事へのトラックバック一覧です: 恋をすると誰でも詩人になれる?:

« ソエちゃんとクリスマスイヴ~山下達郎編 | トップページ | 小泉、なんでお前が出てくるんだ!! »