« @9.11 | トップページ | いい加減にしろ!! »

親父の言葉

 家の親父が、「兄貴は賢くない」と言った。バリアフリーかなんだかしらないが、ばあちゃんが死ぬほど大切にしてきた部屋を改造し、中途半端な部屋に、価値のある特注の仏壇だけ残していたからである。家の親父が八年間、がんと苦闘していた情報だけで、「わしも頑張る」と言っていたそうだが、最期は脳にまでがんが転移し、半年で死んだ。カミさんもどぎつい人だった。ある時、「あいつ(親父の馬鹿兄貴)も、子会社行かなければ、部長にはなれたやろうか?」という、ばあちゃんの問いに、親父は即座に、「なれん」と言ったそうだ。当たり前だ。仕事仲間と現場の人達を結びつけるのでも、神経をすり減らすのである。そんなことが、あの馬鹿兄貴にできるはずがない。もう一人「あいつは馬鹿や」と言っていた従兄弟がいる。アラブの男と結婚した馬鹿従姉妹だ。私は、若い頃、イスタンブールに行ったが、バックパッカーだと言っているのに、絨毯屋がしつこく声をかけてくるので、「Fuck Up  & Go Ahead」と中指を立てて、舌を出してやった。アラブの男がどれだけズル賢いか、身をもって体験した。その従姉妹は、アラブの奴とくっついて別れ、×2である。こうなることを親父は見抜いていたのだ。金の切れ目が縁の切れ目、ということを平気でやってくるのがアラブ人である。そのクソやろうとの間に、二人の娘ができた。小学校の時点で留年している。こんなのでいいのか?

|

« @9.11 | トップページ | いい加減にしろ!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/58639148

この記事へのトラックバック一覧です: 親父の言葉:

« @9.11 | トップページ | いい加減にしろ!! »