« 酒飲みの家系 | トップページ | 賢いバイトの秘訣 その2 »

賢いバイトの秘訣 その1

 普通、アルバイトをしようと思ったら、近所を選ぶだろう。そうしてアルバイトの雑誌に目を通して、条件やら時給やらで選ぶのだろう・・・当時、友達だった友人と私もそうだった。金が無くなって、二人して、真剣に当時の『デイリーアン』を検索していた。「横浜じゃあロクなバイトねえな」とため息をついたら、「しかたねえだろ、夏休みだけなんだから」でも、「おまえ余裕があるなら、寿司奢ごれよ」と返したら、「バカヤロー」と言われた。私がしつこく、その日の、『DAYRY AN』を読んでいたら楽勝なバイトがあった。それまで、「酒の一滴は血の一滴」などと、私に言っていたヤロウが、私の見つけたバイトに眼を付けた。それは勤務地は横浜の某区だが、新橋の事務所まで一回来てくれという話だった。速攻で二人とも電話し、速攻で行った…説明会を聞くと、横浜市のそれぞれの区の自動販売機の状態を調査してほしい。そして、もしトラブルがあったら、市の調査ということで、それでも因縁つけられたら電話してもらって、構わないとのであった私と友人は、(私の地元でもあったので)「俺の区域は高低の差が大きんだ。だから、俺は自分の地域を廻る。それでな、チャリで廻るおまえには高低差が少ない所を紹介する」と言って、地元のマップをもらい、端っこばっかりを4/5取り合った。来てないもう一人のために、きつい所ばかり、残してやった。彼は、「来なかったあいつが悪いんだ。こんなに甘いバイトねーぜ」と言った。タバコを吸い決めているシブいポーズが気に入らなかったので、頭をはたいてやった。彼が怒る前に私がぶちきれている振りをして、「バカ野郎、何から何まで調べまくったのは俺じゃあねえか!!…まあいいけどよう」と返した。彼は何も言えなかった。

|

« 酒飲みの家系 | トップページ | 賢いバイトの秘訣 その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521582/58559933

この記事へのトラックバック一覧です: 賢いバイトの秘訣 その1:

« 酒飲みの家系 | トップページ | 賢いバイトの秘訣 その2 »